FC2ブログ

専守防衛の本質


狂散頭(きょうさんとう)や利権罠手盗(りっけんみんしゅとう)など夜盗(やとう)の面々は相も変わらず改憲反対、憲法9条護持を訴えている。そうすれば日本が戦争をしなくて済むそうだ。そして、この憲法があったから日本は戦争に巻き込まれなかったのだそうだ。

この連中の頭には何が詰まっているのか本当に分からなくなる。少なくとも脳みそではない。

おそらく、この9条が米国から押しつけられた時、戦争とは例えば日本の真珠湾攻撃くらいの発端を想定していたのだろうし、そして専守防衛もそれなりに有効だったのだろうと思う。因みに、専守防衛とは敵から攻撃を仕掛けられた場合のみそれに対して防衛戦を行い、敵が退いたらそれ以上の深追いをしないことを言う。そして、日米安保が機能し、米国がその専守防衛を助けてくれるという結構な話だ。

共産党などは、その専守防衛能力により日本は七十年以上戦争に巻き込まれずに居られたのだから、今後も9条を護持すれば戦争にはならないという。

この専守防衛については主として二つの大きな問題がある。

1 専守防衛とは、戦争を仕掛けられてからそれに対して戦闘を行い、退けることを言う。しかし、まず戦争を仕掛けられないことが先だろう。仕掛けられてから抵抗して仮に退けることが出来ても、そのままではまた仕掛けられる。その度に退けるだけでは、いずれに重大な被害が生じ、それが繰り返されることで疲弊し、いつかは防衛出来なくなるだけのことだ。

詳細は避けるが、戦争とは攻撃側と防御側では同じ戦闘でも防御側の損害が極端に大きいのが普通だ。例えば外からの補給をたたれた場合のことを考えてみれば良い。

当然ながら、二度と戦争を仕掛けられない様に撤退する敵を追撃し、その戦力を失わせ、降伏させ、二度と日本に戦争を仕掛けようなどと考えることの無い様にすべきでは無いのか。その為には、積極的に追撃し攻撃するだけの装備が要る。現在の自衛隊の装備はあくまで戦争を仕掛けられたらそれを防ぐためだけのものであり、積極的に敵を攻撃する装備はない。

一度戦争を仕掛けられたら、二度とその気を起こさせないための反撃、撃退、撃滅の出来る規模の装備が無ければ危険は永久に去らない。

2 何よりも、戦争を仕掛けさせない為に何をするかがもっと必要であるはずだ。戦争を仕掛けられることが無ければ戦争による疲弊も損失も出て来ない。それに対し、ノー天気な野党は話し合いで戦争を避けるという。その野党連中、今の韓国を見てもそれを言い続けるつもりだろうか。何度も話し合いを持ちかけ、国際協定を守る様に説得を続けたにもかかわらずそれを全て無視し、日本に対しては全て敵意を持って返してくる韓国と話し合いが出来るだろうか。

今のところ、戦争にはなっていないが、時代によっては戦争になってもおかしくないほどの状況なのだ。本来朝鮮人は自力で国を作ったこともないし、近代で戦争をしたことも無く、当然ながら戦争で勝った事なども無い。今の状況で、日本が別に韓国に対し武力攻撃をしているわけではないが、仮に日本が徹底的に経済制裁をし、全ての工業製品の供給をやめ、投資を引き上げ、韓国のための信用保証をやめたら韓国はその瞬間に崩壊する。

日本が助けなくとも他国から助けて貰えば良いとか、日本から供給されない基本材料は自国で作れば良いなど相変わらずだが、日本が完全に韓国を見放せば他国も見放す。その現実が見えていない韓国と話し合いが出来るはずが無い。次元が違うのだ。

仮に韓国に軍事力があれば日本に不意打ちを仕掛けてくることさえあり得るのだ。今でもその可能性が完全なゼロとは言いがたい、というより、国防とはありとあらゆる可能性を考えておかなくてはならないのだから韓国から戦争を仕掛けられる事もありうる、あくまで理屈として可能性としてあり得るわけだ。話し合いで解決出来ないからだ。

むろん国家間の軋轢を外交で解決することは当たり前だし、現実に日本は欧米やアジアアフリカなど世界の大半の国と穏やかな関係を築いている。欧米とはそれなりにかなりの部分で利害が異なるが、それを外交で解決している。

がそれが出来ない敵国が存在するなら、あとは戦争を仕掛けられない為に、牽制のために、軍事力を持つしか無いだろう。その為の軍事力は、専守防衛以上に防衛に徹した戦力と言える。なにしろ使わないことを前提としているのだから。

現在、米国は世界の警官として機能しているが、その装備は実は全面戦争にはあまり役立たない。大国同士が全面戦争になった場合、世界が消滅する。だからこそ、軍事大国同士の戦争は今のところ無い。極端に米国よりも小さな戦力しか持たない国に対し米国が一方的に仕掛けることはあるが、その為に大規模空母艦隊や航空部隊が存在する。中国やロシアとの全面戦争になった場合、それらは全く役立たない。局地戦では米国が勝つことが明らかだから、中ロにしてみれば核を使うしか無い。核搭載弾道ミサイルが飛び交えば空母も艦隊も潜水艦も役に立たない。

現実には米国に戦争を仕掛ける国は無いだろう。結局その意味で強大な軍事力を持つ故に、米国はそれを使わずに済むのだ。

米国並みとは言わないが、仮想敵国が中国ロシアであるなら、日本はそれに対抗出来る牽制力を持つべきだ。









最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

戦争と平和



トルストイの名作、戦争と平和について論じてみたい、わけではなく昨日2019年6月28日、いつもかけっぱなしにしているラジオのNHK番組、沖縄熱中クラブの中で中学三年生の女の子が詠んだという詩の朗読があった。

ググってみたらpdf版で見つかったので、その気があったらご覧になっていただきたい。

中三 平和の詩 生きる

詩としてはそれなりに良く出来た物だと思うし、そこに込められた作者の思いも分かる。が、大きな問題があるとどうしても思うので書くことにした。

詩の内容は、戦争によって平和はもたらされない、下らない軍事力等持つべきではない、自分が生きている限り、こんなにも多くの命を奪った戦争を絶対に許さないなどなど。14歳のまっすぐな心に打たれる詩だが、ただその内容が現実とは全く違うこと、誰かに教え込まれた理想を現実と思い込んでいることが気になる。

決してこの詩を書いた女子中学生を馬鹿にするつもりはない。また現実を理解しろというのは無理だと思う。が、このような純粋な子供の詩に、本人は理解させずにプロパガンダをしている者達が居る、と私が思うのはよほど私の心がねじ曲がっているからか。

戦争はすべきではない。その通りだ。が戦争を仕掛けられたらどうするのか。下らない軍事力を持たずに、戦争を仕掛けられ一方的に虐殺されるのを座して待つのか、自分はそれでも良いだろうが、子供達も目の前で殺されるのを、下らない軍事力を持つよりはましだと見ていれば良いのだろうか。

確かにかつての戦争で沖縄では多くの犠牲があった。当時の軍部が本土を護るために沖縄での防戦を十分にしなかったなどの批判もあることは知っている。が、実際には当時の日本軍は桁違いの戦力を持つ米国に本土決戦でこうすることなど不可能だった。本土決戦の前に日本が降伏したから、本土での陸上戦は無かったろうが、それも原爆を落とされて初めて降伏したからだ。

沖縄に犠牲を強いたのではなく、いずれ本土でも同じ事が起きていたはずなのだ。だから沖縄は我慢しろというのではない。戦争とはそのようなもので、たしかに日本側にも責任はあったと思う。が基本的にあの戦争でそれなりに戦ったから今の日本の地位があるとも思っている。

そして二度とあのような犠牲を出さないために、軍事力が要るのだ。

彼女の詩の出来は素晴らしくとも、そして本人の心の叫びであろう事は十分伝わるけれど、しかし戦争とは日本が一方的にするのではない。そのようなことは少なくとも近代ではないが、ただ戦争を仕掛けられたら戦わなくてはならないだろう。そして悲惨な戦争にならないように、仕掛けられないように軍事力を持つ必要があるだろう。

戦争を好きな人間はあまり居ないだろうが、きらいだからしなければ良い、憎むべき戦争はすべきでは無い、と言うわけには行かない。

詩で綴られた想いはその通りだろうし、作者の思いも理解する。が、想いと現実が違うことを無視して、それをプロパガンダに利用する者達こそ卑怯ではないのか。NHKは正面から、何故戦争をしてはならないのか、どうすれば戦争にならないのかを論じたことも無いし報じたこともない。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


日本、米国、イラン

トランプはイランを力で屈服させられると思っているのだろうか。力の信奉者であるトランプにしてみれば軍事的圧力にいずれイランは跪くと思っているのかも知れないが、イランにはそれは通じないと思うが。

イランはかつて王政で、かなり宗教を離れた自由主義国家だった。むろん、当時の王政にそれなりの問題はあったと思うが、それを宗教革命で倒し、宗教国家になったのがイランだ。それはサウジなどにも言えるが、結局独裁の手段として宗教を使っているのが大方の中東諸国であり、今その宗教によって国民を縛り付けている国が力に屈することは考えにくいのだが。

そもそもトランプの目的が何なのかよく分からない。どうしても今米国を支配しているユダヤ主義のなせるわざとしか思えないのだが、そもそもイランをそのままにして於いて何か問題があったろうか。むしろサウジの方が積極的に海外に向けてイスラム原理主義を広めようとしているのではないかと思えるのだが。

中東イスラム諸国の価値観をキリスト原理主義やユダヤ教がしみこんでいる米国が理解することなど無理だし、従えることも無理としか思えないのだが。

ISなどのように暴力でイスラム原理主義を(これも本来のイスラム教徒は違い、あくまで独裁の手段として利用されているだけ)広めようとする相手に対し、むろん力で押し返す必要はある。話し合いでの妥協など意味が無いからだが、今のところイランはそうではないだろう。

下手にイランを追い込むと、イランがIS化しかねない危険性をトランプは理解しているだろうか。

トランプ大統領:イラン攻撃は10分前に中止-「相応」でないと判断

イランに対しては空母艦隊を派遣するなど、米国が一方的に軍事的挑発をしているように見えるし、今回米国が攻撃しようとした理由である無人機のイランによる撃墜も、そもそも無人機を飛ばせた米国の意図はこれ自体がイランに対する挑発行為だろう。さらにその前に起きた日本関係のタンカー攻撃がイランによる物だと、その直後に米国が明言しイランを非難した。そのタンカー攻撃は、安倍総理がイラン訪問をした直後だった。

私は公開されていない場所で何が起きているのかを知らないから、タンカー攻撃の犯人、その理由、無人機撃墜、報復攻撃の準備、その中止などの理由が分かるわけではないが、ただどうもタイミングとその一方的な主張からして米国の挑発のような気がしてならない。ただ、そうだと言える根拠は無い。イランに対し一方的に空母艦隊で脅しをかけている都市か思えない米国ならその類いのことをやるだろう、一方イランにはその理由があるとも思えないが、ただイランが私たちとは違う価値観で物を考える国だとの理由からあるいはと言う疑問を完全払拭も出来ない。

イランは昔から親日だ。むろん、日本としては中東諸国と反目し原油輸入を滞らせる理由など無いし、そもそも宗教的な軋轢も全くない。

また、米国イラン戦争が起きた場合、ホルムズ海峡は全閉鎖だろうし、そうなるとアジアはほとんど音を上げる。アジア諸国で石油が採れる国はほとんど無い。せいぜいインドネシアくらいか。今米国との経済戦争で悲鳴を上げている中国にとっては大問題だろう。

日本には大体一年分の石油備蓄があるとされているが、すでに原油価格は上昇して、悪影響が出ている。何としても米国のイラン攻撃をやめさせ、イランに挑発に乗るなとしか言えないだろう。その為に安倍総理はイラン訪問をしたと思う。

安倍首相はイラン訪問で日本の国益と国際社会の安定のために勇気を示した

安倍総理にしてみれば、自分がやめろと言えば双方がやめるなどと思っているはずが無い。ただ、日本がそのようにイランとも話し合いをした、との事実があれば良い。

案外、安倍総理は米国が何らかの対イラン挑発をすることを知らされた上で、イランに行ったのかも知れない。

とにかく、誰が本当なのかなどどうでも良いことで、誰が力で誰を押さえつけるのか、と言うことでしかない。ただ、米国もイランも全く違う価値観を持ち、全く違う価値観で国を作り上げている。つまり話し合いが出来る関係では無い。となると、解決は力によるしかないし、大統領選を控え実績を作りたいトランプとして、対中経済戦争同様、反イスラエル、反西欧のイランをたたく為にハルノートをイランに送ったと考えることも可能だ。ただ、トランプは本当にイスラム国家を理解していないのが危険なのだが。


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


靖国神社

2019年6月14日久しぶりに靖国神社に行ってきた。朝から一日中雨が降り、境内にはいつものような賑わいは無かったが、むしろしっとりとした趣があった。


靖国20190614


ここが出来てから150年とのことで大がかりな工事が行われていたが、来るたびにいつも工事をしているので、特にどこがどうなっているのかはわからない。しかし、気がついてみると最初に来た頃からはかなり整備が進んでいるような気がする。

1時間ほど見て回り、最後に修猷館(戦争関連の博物館)を見ようと思ったら、閉館時間が迫っていて入ることが出来なかったが、次の機会とする。いずれ、ここはもう何度も見ているが何度でも見たい。

ところで、替わりに、でもないが何十年ぶりかある種の人たちを見た。旧帝国陸軍の軍服を着た人々だった。おそらく5,50代だろうか。3人が休憩所で談笑をしている。このような人たちがいることは知っていたが、どうしてそうするのかは不明だ。彼らも戦争中は生まれてもいなかったはずだ。無論、それぞれの思いがあるのだろうし、とやかく言うつもりも無いが、服装はともかく、普通の穏やかな人に見えたし静かに談笑していたので別に話しかけることもしなかった。もちろん、普通の老若男女が頻繁に訪れ、頭を垂れ柏手を打って参拝しているのはいつものことだ。

ところで、靖国参拝をまるで軍国主義者のように言う馬鹿どもが居る。以前は日本の総理が普通に、特に終戦記念日に参拝していたようだし、多くの外国要人が総理大臣とともに参拝するなどもあったはずだ。

同じような施設は外国にも普通にあり、米国のアーリントン墓地などもそうだろう。そこに日本の総理が花を捧げ参拝するなど今でも普通にある。考えてみれば、このアーリントン墓地に眠っている米軍兵士の多くは無抵抗の日本人一般市民を百万人単位で殺した憎い相手のはずだが、日本の総理が献花することに普通の日本人は違和感を覚えないのではないか。一般論だが、軍人とは国を守るために戦い、時に命を落とす。国を守り国民を守り家族を守るために自分の命を犠牲にすることもいとわないということになる。むろん、殺された側には別の感覚はあるだろうが、日本の総理が米国の戦争で亡くなった兵士のために祈り、日本と戦い、自国民が日本兵に殺された外国の元首がかつては靖国に参拝した。

戦争が不幸の元であることはむろん否定できないから日本が一方的に他国を侵略したり挑発することはあってはならない。が、侵略されそうになったとき、黙って殺されるべきだと思うなら、そう思う人間だけが殺されれば良い。話し合いで酒でも飲んで戦争が避けられるなら、酒瓶を持って敵兵の前に行けばいい。だが、そのような馬鹿たちのために普通の国民が犠牲になるなどあってはならない。

侵略されそうになったら戦わなくては国も国民も守れない。それが普通の感覚だろうが、それが理解できない人間たちが、靖国参拝反対、終戦記念日に総理が行くのは軍国主義だなどと馬鹿なことをわめく。

靖国神社で参拝をしながら、二度とここにまつられる人が増えないようにと願う。そのためにはそうするだけの力が要るのだと改めて思う。





最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


何故九条?



いつも読ませていただいているみずきの女子知韓宣言に次のような記事があった。

戦後日本の軍備問題

原文は、「無明」というブログに依る物だが、極めて正確に物事を理解している人だと思う。ただし、韓国人であり、解釈の違いにというよりそれを受け取る思考に日本人とは違う点がままあるが、ただ事実を事実として分析していることには間違いない。したがって、いつも彼の主張に百パーセント同意することは無いが、言っていることは理解出来ると思っている。

今回の記事は、なぜ日本の憲法が現在のような物、すなわち専守防衛のみの軍事力しか持てない様に作られているのか、なぜ今の日本人は平和憲法さえ守っていれば戦争にはならないと信じているのかなどが説明されている。このことについては私も今まで何度も書いているのだが、韓国人の目線で書いていること、韓国人から見ているから分かるのであろう日本人の本質をも突いているのだと思える。

現在の憲法が米国から押しつけられた物であることはよく知られている事実だが、おそらく日本が米国の占領下に有った時代ならやむを得なかったろう。が、その後日本が完全に独立したあと、憲法は改めて日本人が制定すべき物であったはずだ。むろん、日本が独立したとはいえ、当時の日本が米国に逆らえるわけもなく、いわば米国に服従する事を条件に独立したような物だから、米国が日本から去った途端に憲法を改正するわけにも行かなかったのだとは理解出来る。

しかし、その後米国側の考え方が変わり、さらにソ連との対立が激しくなると日本をその防波堤さらに橋頭堡として使うべきと方針が変わった。その為に日本を本来農業国にでもするつもり、つまり実質植民地にでもするつもりが、日本の工業発展を認め日本の工業製品を買うことで日本の資力を付けさせ、対ソ戦に動員する方針に戦略を変えたわけだ。それまでに、日本は実に従順に米国に従っていたし、また日本という国の本質を戦争を通じて米国なりに理解し、日本を支配下に置きながら戦力として使う方が米国の利益になるとでも思ったのか。

また、現実に日本は朝鮮戦争などで米国からの発注で大いに潤った。その時期に米国からの要請、事実上命令で本来完全に武装解除をされていた日本に再度米国の補助のための軍隊を作ることになった。それが警察予備隊だが、当時大勢残っていた旧日本軍軍人が多く関わっていたのは当然だろう。が、それでも武装は非常に貧弱で、まさか朝鮮で戦争が出来るような状況ではなかった。また当然だろうが、当時の日本政府は、米国が作った憲法を盾に軍隊の設立を拒んだ。出来たのは、形ばかりの警察予備隊であり日本の警察の強化組織でしかなかったから、戦争に行くなどとんでもないと日本が言ったのは当たり前だ。そして、日本国民が下手に国家の再建を妨げる再軍備に動かないように、政府は国民を誘導したと勘ぐれば勘ぐれる。

膨大な軍事費を使うことをせずに、国家防衛を米国に丸投げし、国力と資金をとにかく日本の再生に費やした。さらに、戦争で失われた労働力を軍隊に割く必要も無かったのが、その後の日本の驚異的な成長をもたらしたのは言うまでもない。つまり、米軍による武装解除、そして憲法は実に都合が良かったのだ。

その後、国力の増強に従い警察予備隊は、保安隊となり、そして自衛隊になった。が、日本の軍事費は世界でも最低限の部類であり、人数も極めて少ないために成長期の日本にとってそれは極めて都合が良かったのはわかる。

戦後ほとんどの時期を自民党が政権担当をしていたが、初期の頃の専守防衛憲法は自民党にとっても都合が良かったために積極的な再軍備を検討しなかった。憲法が実に都合よく使われたのでありある面それを利用して国民を洗脳したとも言える。それはまた日本の仮想敵国にとっても都合が良かったから、それらと呼応した国内勢力も憲法をまるで国が滅びても守るべき絶対の掟として扱ったのが今の状況を生んでいる。

そもそも、日本人はもともと争うくらいなら謝っておけば済むと考える。また日本人同士ならそれで上手くまとまったし争いも避けられた。どちらが正しいなどは重要ではなく、争いを避けるためには本来被害を受けた方までが謝罪をして丸く収めるのが日本の社会常識だ。

どちらが悪いかを明らかにするなどより争いを避けるのが重要なのだ。それにも問題はあるだろうが、いずれにせよ、日本の社会では千年以上もそのようにされてきた。そしてそれが他国に対しても通用するかのような錯覚が日本人の潜在意識にも染みついている。

今中国韓国が日本敵視を国是としているのも、本来謝罪すべきではない言いがかりに対し日本が謝罪し金まで払ったことが一因だ。そうすれば中国韓国もそれ以上は日本を責めないだろうと理屈ではなく感覚として思い込んでいるからこのような馬鹿なことをしたのだ。日本と他国は全く違うのだと理解出来ない人間が単にお花畑ならともかく政治を司る者達にも居ると言うことだ。

今でも野党は無論、政府内にも韓国と良好関係を築けば両国の軍事協力にも役立つはずだと岩倭防衛相などが言っている。思い込みとはかくも恐ろしいのだが、岩屋防衛相は裏切り者を信ずる危険を全く理解していない。日本はこんな国なのだ。

あの悪夢政権から政権を再奪取してからの自民は少しは変わったかも知れないが、防衛相などを見ていると本質は同じかと思うことがある。

とは言え、安倍総理は憲法改正はすると言っているが九条撤廃では無く、自衛隊の明記に留まっている。むろん、そうする理由は分かる。今の時点で九条撤廃を口にすると政権崩壊につながりかねないからだ。お花畑云々では無く、結局国家とは国民が作る以上、今の国民がお花畑なら九条撤廃はまだ出せないだろう。

今は中国は米国との経済戦争に痛めつけられ日本ににじり寄ってきている。が、本質的に中国が敵であり、ロシアが敵であることは間違いない。それに対し安倍政権が防衛費を増やし、装備を増やしていることはそれなりに心強い。が、今日本を危険に陥れているのが日本国民だと言うことを忘れてはならない。

冒頭のように、韓国の問題を指摘する韓国人がいても、結局韓国を滅ぼすのが韓国人であるのと同じ事だ。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


もし日本が戦争をしていなかったら

先の戦争について、日本では今でも反省の声しきりだし、あんな馬鹿な平和憲法まで押しつけられ、それを神の御言葉の如く担いで二度とあのような間違いをしてはならない、だから平和憲法を守るべきだと言う連中が無数に居る。むろん、現代では憲法学者と名は変えているが護憲教という宗教の神官達で、信者からのお布施でのうのうと生きている。ただし、憲法学者の全てがそうではないだろうが、本当に憲法とは何かを理解している憲法学者を寡聞にして知らない。もし、本当に憲法の意味を理解し、今の憲法は変えなければならないと主張している憲法学者がいたら是非知りたいものだ。

それはさておき、先の戦争をもし日本がしていなかったら今の世界はどうなっていたかを考えてみる。結論を言うと、西欧国家による非西欧世界の植民地化、収奪が常態化しているだろう。それが国家の在り方となり、むろん過去よりも植民地なりにインフラも整備され教育も進んでいるかも知れない。が、あくまで良き植民地として西欧に尽くすためにそのようになっているだけのことだ。

かつて奴隷も別に全てが過酷な肉体労働をしていたわけではなく、学問的に秀でた奴隷が主人の子弟に教育を施すなどもあったようだ。たとえば古代ギリシャなどでは、教師や会計士、医師は多くの場合奴隷が従事する職業だったし、行政に当たる奴隷も存在した。

だから、日本が戦争をしていなかったらおそらく以前よりは豊かに暮らす植民地が非西欧社会の普通の在り方だったろうし、そのなかで隣の半島などは、自分たちは偉い奴隷でイルボン奴隷の上ニダとご主人様である西欧に取り入っていたろう。今でも同じ事をやっているが。

再度、それはさておき、

日本が負けはしたが最終的にそれまで欧米の植民地であったアジアを開放したのはどう考えても事実だろう。それまでアジア人はヨーロッパ人には絶対に勝てないとの思いが普通にあったから、例えば当時の大国の筈である中国もインドも事実上西欧の植民地になっていたのだ。中国もインドも、歴史や科学技術などはかつては明らかに西欧を凌いでいた。人口も多く、国土も広いインド、中国が手もなく英国に蹂躙され事実上の植民地になっていた様子を見れば他のアジア諸国が西欧にたてつくなど不可能と思い込んでいたのも無理は無い。

そもそも、戦争には双方に言い分があるが、今はっきり分かっているのは、米国による対日差別意識があったのは事実だろう。原爆投下が日本のみに行われた時、カナダのキング首相が、白人国家のドイツでは無く、有色人種の日本に落とされたのは良かったと言ったのはよく知られている。また、ドイツは原爆完成時(一九四五年七月)すでに降伏していた(同年五月とのこともある。ただ、明確に人種差別があったのは事実で、日系人キャンプはあったがドイツ系、イタリア系キャンプは無かった。米国ばかりでは無く、他の国にも同じ収容所はあったが、それに対し謝罪し補償したのは米国のみだ。

米国にしてみれば、圧倒的な軍事力をもつ自分たちに日本が立ち向かってくるとは思わなかったし、仮に戦争になっても短期間で圧勝出来ると思い込んでいたろう。が、現実には四年近くかかり、そしてその姿を見たアジア諸国が奮い立って宗主国と戦う決心をしたのは、彼らがそのように言っている。事実アジアでは日本軍はヨーロッパ勢力を事実上たたき出しているし、彼らが戻ってきた時、日本兵が現地の人間を率いて抵抗し独立を成し遂げたとは、彼らも記憶している。

なにより、フビライ以来当時まで西欧人と戦争したのは日本だけなのだ。そして勝ったのも当然日本だけなのだ。アジア人でも西欧人と戦える、勝てるとの認識を彼らに持たせたのは紛れもない事実だろう。だからこそ、東南アジアでも大方対日感情は今でも良い。

戦争には双方に言い分があるだろうし、第三者的にどちらの言い分が正しいと言っても仕方が無い。勝った方が正しいのだ。日本の戦争遂行が全て正しく正義に基づいていた等とは言えないが、ただ、日本が戦争をした結果アジアが独立したのは事実ではないのか。

むろん、歴史は一度しか無い。だからもしを考えても仕方がないが、それまでの西欧とアジアの在り方、歴史を見れば、日本がその在り方を変えたと断言して間違ってはいないだろう。

歴史のIFを敢えて考えてみて、日本が当時立ち上がらなかったら、今の世界は穏やかな宗主国と植民地、一等人種と二等人種の世界になっていただろう。宗主国にしても力だけで植民地を押さえつけておくには負担が大きすぎるから圧倒的な力で反抗心を持たせず、おとなしくしていればそれなりの生活を保障してやるのが得に決まっている。

そうなれば、絶対に植民地が宗主国にたてついて独立し、同等の権利を獲得するなど不可能になっているはずだ。その状態で落ち着いてしまえば、今少なくとも表面上は西欧、非西欧の差別意識がなくなるような世界は実現する理由が無い。それは例えば西欧の階級社会がそれなりに落ち着いている条教でも理解出来るのでは無いか。彼らはそれを不自然だとは思っていない。

言い換えれば、今日本が仮に上辺だけだとしても、欧米と堅い結びつきを保っているのも、彼らが日本の実力を理解し、戦うよりは協力した方が得だと理解したからだ。また、言うまでも無いが、戦争を日本が今後するべきではない。すなわち戦争をしなければならない状況になってはならない。しかし、戦争をしないで済むためにはそれだけの力が必要なのであり、日本が今欧米と戦争をしないで済むのは、その力を日本がかつて示し、そして今も示しているからだと理解すれば、西欧の対日姿勢と他のアジア諸国に対する姿勢の違いの理由が分かる。






お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


HK

憲法の力



本当は、五月三日にでも書けば良かったのだろうが、憲法とは何かをまた。

何度も何度も書いていることだが、なぜ改憲反対論者は、憲法九条が有れば日本が戦争をしないと信じられるのだろうか。到底理解ができない。戦争を日本の意志だけで行うならむろん憲法でそんな事をしないと決めれば戦争は無くなる。が、戦争は他国から仕掛けられる場合もあるのだ。その場合専守防衛だから、攻撃されても防ぐことが出来る、戦争にならない、万歳ということらしいが、専守防衛とは攻撃されない限り軍事行動が出来ず、相手がそれをやめれば日本はそれ以上の防衛が出来ない。相手は何度でも攻撃を繰り返すことが出来るという,相手にとってありがたい憲法だ。

日本が先に手を出さない限り、(例外はあるが)、相手に戦争を仕掛けさせないことが根本的な戦争防止になるのだが、護憲論者にはそれが理解出来ない。相手が何を考えて戦争を仕掛けてくるのかは、予想は出来ても現状では何も出来ない。自衛隊員や国民が死んでも、相手が目的を果たして引き上げればそれでお終いと言うことになる。つまり自然災害と変わらない。それなら、憲法に、地震が起きてはならない、台風被害があってはならない,豪雪豪雨があってはならない、火山が噴火してはならない、津波は認めないと憲法に明記しておけば良い。

むろん、いかなる国も日本に戦争を仕掛けてはならない、との条項を加えることも大切だ。

いや、護憲論者の頭の中では全く正しい提案だろうが、なぜそれを政府に求めないのだろうか。あ、改憲になるからそれは出来ないのか。

憲法も一般の法律も、所詮は道具であり、社会秩序や国のルールをその時代、その時の事情により定めた者であり、事情が変われば変更するのが当たり前なのだ。決して憲法や一般法則に合わせて時代や事情が存在するのではない。憲法が神のご託宣ではない事を護憲論者は知らないようだ。憲法学者は神官なのだろう。神の御言葉憲法を守ることで日本が守られると説き、それを盲信しているのがパヨク、護憲論者達を言うわけで、彼らにとっては宗教なのに違いない。

後藤宏基とかいう御仁が、戦争を仕掛けてきたら一緒に酒を飲んで話し合って戦争を避ける、と素晴らしい演説をしている。



問題発言3分経過頃

先にも書いたが、吉永小百合、湯川れい子氏など文化人とされる人たちが酒を飲んで云々とまでは言わなくとも、憲法を守って戦争をしてはならないなどと普通に言う。結局酒を飲んで云々とかわらない。憲法を守れば他国から戦争を仕掛けられることが無いとの根拠が全く示されていないのだ。

現実には武力を持たない国が散々蹂躙された例などは無数にある。例えば、ウクライナはソ連から分離した後、武力を持たなければロシアに攻撃されることは無いとして核を放棄し、軍事力を事実上放棄した。そしてロシアに蹂躙されている。

ブータンは小国で、事実上インドに国防を依存していると言って良い。軍事費はGDPの1%。軍事力を持とうにも無理なのだが、結果として中国に好きなように侵略されていると言って良い。

きっと、ウクライナもブータンも酒があれば戦争が避けられることを知らなかったのだ。



お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


軍国主義の是非

軍国主義国家とは、wikiに依れば「戦争を外交の主たる手段と考え、軍事力を最優先する考え方乃至イデオロギー」とのことである。そして、欧米はかつて日独を軍国主義国家と非難していたそうだ。まったく、よく言うよ、といったところだが、これが勝者の論理であり、現実に戦争に勝った彼らが言っているだけのことだ。

さて、欧米が日独を軍事主義国家だと戯言を言ったのはWW2の頃だが、WW2の敗戦までは、確かに開国以来日本は軍事力増強に大きな力を割き、実際に開国後まもなく当時の大国清との戦争に勝ち、その十年後世界の大国ロシアとの戦争に勝っている。これは、現実には信じがたい事であり、世界が驚嘆したのは無理もない。なにしろ、当時のアジア諸国と言えば未開の野蛮国であり、自力では軍事力も育てられず兵器の開発も出来ないから、西欧から軍事の専門家を呼び、兵隊を雇い、あるいは西欧から兵器を買って軍隊を作ったのだから、西欧との戦いで勝てるはずが無いと思われていた。清は西欧ではないにしろ、アジアの大国であり眠れる獅子の筈で、西欧から多くの軍艦などを買っていた。が、開国直後の小国日本に負けた。清はそれほど衰えていたのだと思っていたら,当時西欧のどの国もまともに戦って勝てるはずがないと思われていたロシアとの戦争も勝ってしまったのだから、欧米が驚いたのも無理はなかろう。

その後、日本は五大国に非西欧として唯一列している。その日本が、今度は世界の先進国大半を相手にして戦争をしたのだから、欧米は日本が国の全てを軍事力に注ぎ、強大になった軍事主義国家だと、自分たちを棚に上げて非難したわけだ。

当時の日本は戦争維持のために軍事力増強を図ったのは事実だし、その為に国家財産の多くを割いたのも事実だ。が、東条内閣までは文民内閣だったし、また当時は天皇が現人神であり、全ては天皇の命により決したことになっていたが、実際は内閣の決定を天皇の名で発しただけのことだ。それは今でも天皇が国会開会の詔書を発するし、国務大臣を認証するようなものだ。

ただ、日本が開国した当時、世界は西欧諸国がアジアアフリカ南北米大陸、豪州とありとあらゆる地域を植民地化していた時期だ。日本にそれに対抗する能力が無ければ当然のように植民地化されるところだったろうし、日本としてはこの列島のみならず、西欧と渡り合うためにも海外に自らの力の及ぶ地域を作らなければならずその為の背景として軍事力を使ったのも事実だ。満州国などは、ロシアを牽制するためにも必要だったが、けっして武力で植民地化したわけではないし、むしろ荒廃した清国から多くの中国人が満州に移住して人口が急激に増えた事実もある。

いずれにせよ、それが出来たのも当時の日本がそれを成し遂げるだけの軍事力を有していたのは間違いない。が、そうしなければ日本が存続出来ない時代だったのだ。そのような時代、状況を作っていたのは西欧諸国だが、彼らがそのような力を持たなければ国が存続出来ないような世界を作っていたのだ。したがって、当時の日本が軍事力に国力の多くを割かざるを得なかったのは、欧米の対非欧米諸国に対する暴力に対抗するにはそうするしか無かったからだ。

現代の日本も実質は軍事大国だといえる。それを表には出していないが、日本の場合、近隣諸国がほとんど仮想敵であり軍事的な力が無ければ存続しかねない状況だからだが、それを表に出さずに、かつての最大の敵であった米国との同盟を組み、専守防衛を謳いながらそれなりの軍事力を有するに至っている。だからこそ、日本は今の地位を築いたとも言える。

平和とは力によって獲得するしかない。それは厳然たる事実であり、今の欧米が先進国であり戦争から遠ざかっていられるのもその軍事力が強大であるからに過ぎない。日本で平和を叫ぶ者達は、戦争が一カ国では出来ないことすら理解していないのだ。日本が戦争をしないと決心すれば戦争が無くなるなら、むろんそれで万々歳、反対する理由など何一つ無いが、現実には他国から戦争を仕掛けられることを避けられないなら日本は単に蹂躙されるだけのこと。世界でも珍しく日本は強盗泥棒チンピラが巣くう地域にある家のような物だ。引っ越し出来るならそうすべきだが、出来ないならチンピラを寄せ付けない方法を採る以外無い。

いま、米国は、他国のために世界の強盗泥棒チンピラを取り締まる役目から手を退こうとしている。それなら、自分でその力を高めるしかない。今なら世界の同意も得られるだろう。現実に世界には明らかに日本にその力を持つことを期待している動きもある。決して日本がその力を自国の欲望のためには使わないと理解しているからだ。それがかつての日本の軍事化とは違う。

平和とは力によってしか得られず保てないことを平和主義者は理解すべきなのだ。


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

中国ロシアにしてみれば

私たちの国日本は世界では西側陣営と呼ばれる国家群に属している。すなわち、米国を中心とした自由主義陣営であり、資本主義陣営、民主主義陣営などに分類されている。それに対する東側陣営とは、共産主義陣営として旧ソ連を中心とした国家群であり、数だけは多いし、分類上はインドなども含まれている。中国は形の上ではソ連と袖を分かち東側陣営ではないが、体制としてはやはりこちらの東側に類すると見て良いだろう。国家数、人口、国土面積などでは東西はそれほど極端に隔たってはいなかったし、かつては今以上に東西冷戦時代が続き、現実に第三次世界大戦が起きる危険が何度かあった。今はかつてほど見かけ上は対立がなくなってきたし、米国は今では中国との対立に主点を置いているようだがかつての米ソ対立ほどの厳しさは今のところ無いようだ。また、分類上東側になっているインドは、現在ではむしろ西側との距離を縮めているし、かつて東側であった東欧諸国もソ連から分離して以来西側に接近している。東ドイツなどその典型か。

かつては見かけ上米ソは拮抗していたように見えていたが、現実は圧倒的に米国、すなわち西側が圧倒していた。まず、第二次大戦では形の上ではソ連は米国側だったし、終戦間際突如日本との不可侵条約を無視して日本を攻撃したのも、日本が降伏する前に対日戦勝国としての地位を得るためだった。それは中国も同じで、現実には日本とまともに戦っていたわけではないし、国民党軍は解放軍との内戦が主で、日本からは事実上逃げ回っていた。が、それでも米国を上手く焚きつけ、結果として戦勝国の席を得て、ソ連とと共に国連の常任理事国のポストを得た。

当時の米国は本当に馬鹿で、対日戦では人種差別意識丸出しで、簡単に片付くと思っていた日本が粘るので手段を問わずソ連や中国に乗せられたとしか考えられない。それが戦後の東西冷戦や米中対立を招いた。

そのような時代がすぎ、今では当座冷戦時代よりは世界は安定していると言える。小競り合いはあるが、現実に中ロとも米国とまともに張り合う能力は無いし、そんな事をしても何の得もないことは両国も理解しているようだ。が、だからといって米国側に付くことはできない。そのように国を作ってしまったし、国民の資質がそれを実現させない。

そもそも、今中ロがなぜ西側と張り合う必要があるのだろうか。ゴルバチョフやエリツィンの改革がプーチンでまた元に戻っているし、一時の毛沢東、周恩来、胡耀邦では親日政策を採っていた。しかし、江沢民で一気に悪化した。対日対米融和を許さない勢力がある。軍部だろう。つまり中ロは見かけでは政治部主導だが、現実には軍事政権ということになる。

やはり、戦争末期でのソ連の裏切り、中国の度重なる反日政策などは彼らの根本的な国是でしかないが、かつて対日戦争で敗北したことも原因ではないのか。結局は遅れて世界に出てきた自分たちよりも小さくはるかに未開な筈の小国日本に、当時の大国であったはずの自分たちが負けた歴史を認めるとは、自分たち自身を否定するような物だったからだ。特に中華思想の中国においてはそうだったろう。サイズはどうであれ、基本的な考え方は隣の馬鹿ん国と同じだ。

いずれにせよ、今の東側陣営は、表向きはどうであれ軍事政権国家群だと言って良い。ただし、自ら軍事政権を表に出してはいない。北朝鮮でさえ民主主義国家を名乗っているのだ。ロシアは形ばかり思想の自由を保障しているが、現実には政府が国民を支配し、その政府を支えているのがロシア軍部と見ればあの形態がなぜ続くのか理解出来るし、第一ロシア人自体があれ以外の政体を経験したことが無く、あの形態がなくなれば国家が崩壊しかねない。それは中国も同じであり、あのような国家で国民を従えまとめるにはその為の力を常に見せつけておく必要がある。軍事政権とはそのような物だ。本来軍事力とは他国からの攻撃に備えるためにあるが、今の東側陣営は表向きはどんな政治の形を見せていても現実には国民を力で押さえつけている、すなわち軍事政権国家だと見て良い。政府は軍人の操り人形として存在している。

軍事国家であるなら、軍事力の保持と強化についての理由がいる。それが敵国であり、南朝鮮などは軍事国家とも言えないが明確な敵として日本がその役目を仰せつかっているわけだ。

ロシアがかつてゴルバチョフなどが民政化を試みたが、結果として国内が乱れ、プーチンにより今は元の木阿弥になっている。中国も例えば鄧小平などは改革開放政策で豊かになることを優先する策を打ち出したが、結局人民が力を持つことを警戒した軍部により潰されている。その後の江沢民以降軍の覚えがめでたくなければ主席になどなれなくなった。

結局、今の東側陣営は、国民がその資質を備えていないのだ。教育の問題もあるだろうが、なんと言っても長年染まってきた価値観、文化などが簡単に変わらない以上それは変えられない。順調にいっても国民の質が変わるのは百年、親子三代の期間が要る。あくまで順調にいけばだが、おそらくもっとかかるだろう。しかし、一千年前の世界なら百年二百年の時間はそれほどの変化をもたらさないが、現代の百年では予想も付かないほど世界は変わる。現実に私が生まれてから百年など経つわけがないが、その間の世界の変化は、想像だが一千年、二千年前なら数百年に当たるくらいの変化ではないのか。それでも、人間の意識は変わらない。

つまり激動するこの時代で、技術は日にち単位で変わっても、かつての百年分の情報が一時間もかからないで世界で共有される時代になっても、人間の価値観や能力は昔と変わらない。すなわち、上辺だけは変わったように見えても、今の中国ロシアなど東側も、そして欧米の西側も人間は変われないのだ。

中ロという国が滅びても、人間は残る。すなわち東西対立は今後も続く。そうでなければ、中ロやそれに属する人間達が存在出来ないからだ。国家として見かけ上は、偶発戦争でもない限り大体西側の形でまとまって行くが、対立は残り続けると思う。敵がいなければ存在出来ない国は、千年前から変わらずに存在するし、そうでしか存在出来ないからだ。


お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



天文学と戦争

先に日本学術会議が軍事研究には関わらない、拒否するとの声明を出し、その馬鹿さ加減を嘆いたのにつづき、日本弁護士連合会が憲法改正反対の声明を出したことにもあきれた旨を書いた。むろん改憲賛成反対自体は各々の思想による物であり、思想言論の自由を保障されている日本ではむろん問題は無いが、ただ、政治団体や思想団体ならそれに共感した人間が加盟するのであり、団体名としてそのような声明を出すことも全く問題は無い。が、学術会議も日弁連も、しそう団体では無いし政治団体でも無いはずだし、そして日弁連は、そして事実上学術会議も加盟しなければ活動が出来ない、つまり個人の思想とは関係なく加盟する団体である筈なのに、その個人の意志を無視して団体として声明を出すのは、憲法第21条で保障されている言論思想の自由を侵しているだろう。

これについては先週日弁連に見解を問うメールを出したが現在まで回答は無い。来週回答が無ければその旨をここで書くが、そんな折、今度は日本天文学会が次のような声明を出した。

天文学と安全保障との関わりについて

日本天文学会 2019 年 3 月 15 日

声明

「日本天文学会は、宇宙・天文に関する真理の探究を目的として設立されたものであり、人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動は行わない。• 日本天文学会は、科学に携わる者としての社会的責任を自覚し、天文学の研究・教育・普及、さらには国際共同研究・交流などを通じて、人類の安全や平和に貢献する。」

いや、人類の安全や平和を脅かす研究をしないのは結構だが、ただ具体的にどのような研究がそれに関わるのかの説明が無い。例えば天文学会が、小惑星を誘導して地球に衝突させる研究でもするならむろん、そんな研究などすべきでは無いが、ただ日本の一般お花畑にすり寄って、軍事に関わる研究をしない、防衛に関わる研究をしないというなら、何をか況んやだ。本当に何が平和を守るのか、平和とは「平和になーれ」とみんなで言っていればそうなるのか少し考えてみれば分かるだろう。平和とは、自然災害は別としてあくまで暴力や戦争による脅威を除くことで得られるのであり、それはつまり抑止力たる軍事、軍事的脅威を排除する防衛緑芽有ってのことだろう。

天文学とは単に望遠鏡で星を観察するだけではなく、近年では中国なども宇宙軍の設立をし、米国も宇宙防衛軍を設立するとしている。当然日本もその動きはある。その宇宙を視野に入れた軍事的脅威を考えた時天文学が無縁では無いはずだ。

積極的に軍事的脅威を除くための研究を日本天文学会が拒否するなら、それも憲法第21条に違反するだろう。

それとも、彼らは何も理解せずに単にお花畑受けを狙って声明を発しているのか。

それなら、

日本ラーメン協会声明
「我々は憲法改正に反対し、自衛隊がラーメンを食べることに協力しないことを宣言する」

全日本猫愛好者連合会
「我々は日本の軍事研究には反対するニャ」

防衛省
「本省は日本の防衛力構築には一切協力しないことをここに明らかにするものである」

続々と後に続きそうだ。そのうち我が町内会でもそういった回覧板が回ってくるのではないかと思っている。

皆さんも折りがあったら日本学術会議、日弁連、天文学会、他にもあるかもしれないが、問い合わせをしてみてはいかがだろうか。政治団体思想団体でも無く加盟が事実上義務化されている団体がこのような声明を団体名で出すのは、言論思想自由を保障している憲法に違反しているのではないかと訊いてみてはどうだろうか。大勢から問い合わせが行けば少しは考えるかも知れない。





お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


強盗との取引

もし強盗があなたの首筋にナイフと拳銃を突きつけ、金を出せ、身ぐるみ抜いておいて行け、と言ったらどうするか。たぶん暗闇の人通りの無いところでいきなりやられたらおそらくなすすべは無いだろう。が幸い、その強盗が人通りの多い明るいところでそれをやったとする。警官が来て、とにかく拳銃とナイフを放せ、そうしたら俺が金をやるし、その人も金を出してくれるからお前はそんなことをしなくても欲しいものが手に入るぞ、と説得する。

で、その強盗はナイフだけを手放し、言うとおりナイフを放したから金をよこせ、という。警官は金をやるだろうか。本当はまだピストルを持っているから下手に刺激すればぶっ放して誰かが怪我をするかも知れないから、金はやらないが、ピストルも放せば金をやるといってその場を離れる。強盗はだまされたと悔しがる。序でに、その強盗と組んであなたから金を脅し取ろうとしていたチンピラは、警官に裏切られた、きっとあなたが警官に金を払ってそのようにするように仕組んでいたに違いない、と騒ぐ。

本来、まともに働かずあなたにたかっては罵っていたそのチンピラは、あなたが言うことを聞かなくなったのであなたが世間から孤立し、落ちぶれて乞食になると思い込んでいるし、いずれ強盗と組んであなたを徹底的に恫喝し金を巻き上げるのだと言っている。

あなたの身内に、今のうちにチンピラや強盗と仲良くしておかなくちゃ駄目だ、彼らには彼らの事情があり、また同じ事をしないように仲良くしなければならないと言っている。

強盗はピストルを持っているから今のところ警官も刺激はしないようにしているが、ピストルを手放せばどんな目に遭うか分からないから強盗は絶対にピストルを手放さない。チンピラは、最近親分もあなたにすり寄っているように見えるので下手に逆らえない。

まあ、あなたもかつてチンピラに絡まれた時、私が悪かった、金を払うから許してくれなどと謝ったので、チンピラが調子に乗り、強盗を手引きしてあいつを脅かせば金を出す、と入れ知恵したのだが、チンピラに言われるままに謝って金など出したからそんなことになった。

チンピラは叩き潰し、強盗はピストルを下手に撃たないようにこちらは一発撃たれたらぶっ放してやると大型機関銃でも突きつけてやらなくてはならないし、そしてピストルを手放してもびた一文渡すべきでは無い。嘘つきのチンピラはそれにふさわしい扱いをしなければ外を歩けないことをあなたは学ぶべきだ。自分の家の中は安全だろうが、外は物騒なのだ。





お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


戦犯国という戯言

隣の馬鹿ン国が口を開けば日本を戦犯国という。が、戦犯国なる言葉は存在しない。戦争犯罪は存在するだろうが戦争自体が犯罪ではないからだ。最初に断っておくが、戦争を肯定するのではない。

馬鹿ン国がこんな戯言を言うのは、東京裁判で日本が裁かれた、ウリ達はその場で戦犯国を裁く立場として認められなかったが、日本が戦犯国であるのは間違いはない、ということだ。

東京裁判とは、戦勝国が敗戦国の特に戦争を引き起こした指導者、責任者を裁いた裁判だが、現在ではあの裁判自体が単なる復讐でしか無かったとの論が一般的だ。そもそも、戦勝国が敗戦国を裁くこと自体、本来犯罪者にもその動機の説明、弁明の機会が与えられるべき裁判の体を為しておらず、裁判では無くリンチでしかなかった。

戦争はすべきではないが、戦争は一国では出来ない。どのように戦争をすべきでは無いと決心していても戦争を仕掛けられた場合、それに対し抵抗をする、更にその攻撃力を削ぐ為に戦うこと自体国家として当然だろう。交戦権はどの国にも認められている。

米国が作った日本憲法でも、防衛権が否定されているわけでは無いし、そもそも交戦権を否定した防衛権など存在し得ない。

とすれば、戦争犯罪なる概念は無いのであって、現実には東京裁判もニュルンベルグ裁判も戦勝国の一方的な敗戦国に対するリンチでしかない。かつて西欧はアジアアフリカ南米大洋州などを一方的に支配し略奪した。戦争すら無かった。彼らは戦争をしなかったのだから犯罪を犯していなかったのだろうか。彼らが略奪の罪で裁かれたことがあったろうか。

むろん、今と国際概念も違うし今の基準で判断しても仕方が無いが、隣の馬鹿国は自らを戦いで守ったことなどただの一度も無い。長期にわたって中国の奴隷国家であり、最後の最後、朝鮮王はロシアに救済を求め、当時の国家指導者達は日本に保護を求めた。日本は朝鮮と戦争をしたことが無いが、彼らは自分たちが独立戦争をして国家の独立を勝ち取ったとのおとぎ話をこしらえ、今3.1独立記念日なるもので自己満足をしている。

そんな朝鮮など当時の連合国は全く問題にもしていなかった。その朝鮮が今日本を戦犯国だと騒ぐのを見ていると、人間とはあれほど愚かで恥知らずになれるものかと思わずにはいられない。馬鹿ン国とまともに話し合いが出来ると考えるのは、ゴキブリと話し合えると考えるのと同じではないのか。ISが国家を自称していたが、欧米で彼らと話し合いを模索するなど最初から無く殲滅だけを考えていた。同じ事ではないのか。






お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


戦争の本質

つい先日のことだが、米ロが互いに結んだINF条約から脱退することを決め、今年八月にその条約が失効することになった。それを受け、長崎の被爆者達凡そ八十名が原爆記念碑の前で座り込みをし、核廃絶を訴えたとのこと。

私としては被爆者の心情を理解しているつもりだし、真摯な思いで本当に世界から核が無くなるように願っているのだろうと信ずる。が、それが全く何の役にも立たない、むしろ日本を危険に追いやっていることもその人達に理解して貰いたいと心底思う。但し、その人達の思いにつけ込んで利用している奴らが確実にいるとは思っている。

さて、私は日本が核武装をするべきだと日頃から主張しているし、その核は使わないために持つのだとも言っている。使わないなら持つ必要が無いというの核武装反対論者のようだ。持てば使う、使うかも知れないが、持たなければ使いたくとも使えない、そのように反対論者は言う。

核がそれほど持つべきでは無い邪悪な物なら、どうして世界には核保有国があるのだろうか。どうして米ロは核軍縮条約を破棄したのだろうか。なぜ、北朝鮮が国家は国民を植えさせながら核を持ったのだろうか。そして近々米朝会談に臨むトランプが、北は核を捨てるだろう、金書記長は有能な友人だと言い出したのだろうか。むろん先日の中間選挙の結果が散々で議会での与野党逆転があったことと、次の大統領選で不利なためで、急いで融和主義者に宗旨替えしたに過ぎない。が、北が核を持っていなかったらそもそもトランプが米朝会談に臨むわけが無い。米国大統領が、イラクやイラン、シリアと首脳会談をしたろうか。

核を説明のきっかけに持ち出したが、戦争の本質とは自国の要求を相手にのませる手段であり、その場合妥協は普通は無い。一方的に飲ませるための手段だが、当然負ければ飲ませられる。だから負けないためには、相手に勝つだけの軍事力が要る。そして最終的に核保有に至ったわけだ。核なら膨大な軍事費も要らず、非核保有国を一方的に押さえつけ要求を飲ませられる。したがって、核を持てば戦争をしなくとも済むし、無傷の相手からより多くをむしり取れるわけだ。

また相手国が同等の核を持っているなら双方とも消滅するから戦争が出来なくなる。つまり核を持つことで戦争を避けることが出来る。軍事力は大きければ大きいほど戦争を避ける要素となり、その究極の、飽和状態の軍事力すなわち核戦力は圧倒的に戦争を回避できる手段となる。確かに一方的に相手国からむしるうまみは無くなるかも知れないがむしられる可能性も無くなる。それなら、後は技術なり商売などで儲けることが出来る。昔は下手に金を持つと軍事力を笠に着た敵国にそれを強奪される危険があったが,今は絶対の軍事力を持てばそれが無くなることを、例えば北朝鮮が良く見せてくれる。

次に日本が被爆国だから核廃絶を訴える義務があるかのようにおっしゃる方々、では核によって恫喝され金をよこせ物をよこせと言われたらどうするのかを全く考えていないようだ。実際に中国も北朝鮮も、そして今は南朝鮮も核を手にして日本にそうする意志を隠そうとしていない。話し合いで戦争を避けるという寝言を本当に信じているのが日本のお花畑だ。

ところで、日本がすでに敗戦が濃厚になり水面下で降伏の意志を示していたのに米国がそれを許さず、原爆を落としてから無条件降伏を受け入れた理由はすでに書いた。人種差別が当然あったが、それと同時に世界に対し、米国に逆らえばどうなるかを見せつけるためだった。

確かに二発の原爆で数十万人が直接間接的に犠牲になった。が、犠牲者数で言うなら東京大空襲はもっと多い。あの戦争で犠牲になった日本人は民間人でも二百万を超す。その大半は日本の敗色が濃くなってからだが、米国の意図は明らかに民間人の虐殺だった。そのために日本に多い木造家屋を砂漠に多数建て、それをいかに焼くかを実験しそのための焼夷弾を開発した。爆撃に際しては、まず東京の外周に沿って焼夷弾を投下し、大火災で火の壁を作って逃げられないようにしてから中心部を十の字に爆撃した。その結果、東京の犠牲者はほとんど全員が焼死した。なぜ米国は兵士では無く一般市民を意図的に虐殺したのか。つまり、米国に逆らうとこんな目に遭うと日本人に教え、世界に見せるためだった。原爆もそのための使用だったのは明らかだ。

ジュリオ・ドゥーエというイタリアの軍事研究者の「戦略爆撃論」によれば、民間人を大量虐殺すれば、厭戦論が巻き起こり戦争は早期に終わるというわけだ。それを意図したかどうかは分からないが、米国はそれを忠実に実行した。

戦争の本質とはそのような物だ。人道的な戦争など存在しない。戦争は仕掛ける方にもリスクがある以上、勝つなら徹底して勝ち、二度と歯向かう気が起きないような打撃を与えるべきと考えるのは当然だろう。生半可な勝ちは、復讐心を持たせるだけなのだから。

したがって、戦争は仕掛けるのは当然、仕掛けられないにする必要がある。それが抑止力であり、具体的には必要十分な軍事力であり、そして究極の飽和状態の軍事力である核戦力なのだ。それは例えば北朝鮮がよく示している。また、現在まで核保有国同士の戦争が起きたことは無い(例外と言えば中ソ国境紛争があるが、全面戦争に至るリスクは少なかった)。またかつてインドとパキスタンは頻繁に戦争をしていたが、両国が核武装をした途端ピタリと戦争をやめた。

戦争が話し合いで避けられるなら苦労は無い。また確かに歴史上険悪な関係になっても話し合いや第三国の仲裁などで戦争にならなかったこともあるだろう。が、現実に戦争は絶えないのだ。話し合いで戦争が常に避けられるわけでは無い事を、今の南朝鮮を見てもまだ話し合いで、武器を捨てて戦争をしないとしか繰り返さない連中は頭が本当に悪いのか意図的に嘘をついているのだ。本質は嘘つきにだまされる頭の悪い連中が多いのは事実だろう。

戦争を避けるのは力しかない。その力とは抑止力として使うのであって,実際に使わないためにその力を持つしか無いのだ。その力を持たなければ、力を使われてしまう。戦争の実態を理解すれば当然すぎるほどの結論ではないのか。





お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



お願い

最近このFC2ブログは接続できなくなることが頻繁に起きています。折から同社には様々な問題が発生しているようであり、もしこのブログが接続されないときは
日本のあり方を考えるをごらんいただきたいと思います。状況に因っては、もしかしたら本格的に引っ越しをするかも知れません。

日本が備えるべき国防力

国防力とは文字通り国を護る力だが、一般には軍事力と考えられているようだ。つまり、他国から軍事攻撃を受けた場合それを退けるための抵抗力であり、さらには他国に軍事攻撃をする気を起こさせないための抑止力とも言える。むろんそれは正しい。実際独立した国家であれば例外なく独自の軍事力を備えている。例外的に軍事力を持たない国家もあるが、自国の防衛を他国に委ねているのは、その国に事実上全てを依存していると見て良い。

また国によって必要な防衛力としての軍事力の規模が異なるのは当然であり、他国から侵略されるおそれの大きな国ほど防衛力は大きくなければならないが、侵略されるおそれは当然国によって違う。今現実に米国を軍事攻撃しようとする国は無いだろうが、それは圧倒的に米国の軍事力が大きな事が明確な理由だ。しかし、それだけでは説明のつかない状況もある。

韓国は明らかに軍事力の規模で日本とは比較にならないほど劣っている。ただし、韓国ではそれを認めていないが、現実のその装備を見るだけでも分かるはずだ。軍事予算では韓国は日本にそれほどひけを取っていないし、徴兵制の故もあって陸軍兵士の数は日本より遙かに多い。が、陸軍兵士がいくら多くとも、海を越えてこなければ日本を攻めることなど出来ないし、また武器の質も日本と比べるべくもない。とりあえず潜水艦などは持っているがまともに運営できていないし、駆逐艦やイージス艦なども持っているがこれらもまともに航行できない代物だ。

戦闘機は米国から購入しているが、日本が国内で整備できるあるいは一部国産化できているのに対し、韓国は自国ではまともに整備できず、部品を作ることも出来ないので共食い状態で時間と共に使える機体が減っているしそして購入した機体自体のスペックが日本の購入したものより劣り、そして数も圧倒的に少ない。仮に日韓が戦った場合、30分で決着がつくとさえ言われているが、30分ではないとしても韓国が日本に勝てる可能性はゼロと言って良い。そもそも兵士の質が、朝鮮戦争時、韓国兵が武器を捨てて我先に逃げ出したのはその際捨てられた米国供与の最新武器が北朝鮮に渡った事とも併せ、今も語り草になっている。

その韓国が本来敵とすべきは北朝鮮であり、北相手の陸軍は分かるが、北に対して使う理由の無い戦闘艦、潜水艦などを持とうとしているのは日本が潜在敵国だからだ。そして、国際的な孤立さえ目に入らないかのように北に傾倒し統一しようとしているのが一にも二にも北の保有する核を手にし、日本を恫喝するためだとは、あらゆる事実を組み合わせれば当たり前に分かることだ。それが合理的かどうか、実現するのかどうか、仮に北と統一して自分たちが主導権をとれるのかどうかなどまったく考えていないようだ。要するに日本を破壊したい、それだけしか見ていないとしか言えない。また扇動されやすい国民が現実にそのような政権を支えている。それなら韓国政府が悪いのではなく、韓国人、韓国国民が日本の明確な敵なのだ。

国防力を語るために韓国を持ち出したが、情勢の変化によりどの国が敵になるかはありとあらゆる可能性を考えておかなくてはならない。また、日本国内に日本を弱体化させるための工作をしている国はある。当然これがあることを前提として考えておかなくてはならないし、それが全て有害と言うことでもない。

世界のどこでも隣り合った国同士軋轢を抱えているケースは珍しくないが、日本の場合はそれが常軌を逸した朝鮮半島であるということに特色があるし、そしてその背後にいる中国、またロシアも共産主義国家専制主義国家である事が日本の立場を示している。つまり、日本は並の西欧諸国や中南米あるいはアジア諸国とは比較にならないほど危険に面しているのであり、それに対する国防力は他国の比では無い。

ただし、中ロは今のところ損得勘定で国交を考えることが出来る。今中国は米国との軋轢で経済的に大きな打撃を受け、日本との経済摩擦や感情的な摩擦を引きずるのはまずいとのことで、微笑外交を日本に向けている。ロシアも西欧との軋轢から大きく経済的な被害を受けた分日本にすり寄ることでなんとかカバーしようとしている。ただし、彼らの本音が根本的に日本との親好に切り替えたわけでは無く、裏切りがあることを忘れることは出来ない。また、彼らは国民から思考力を奪っているから、何かの拍子に国民に突き上げられると逆らえない面もある。韓国が今まで日本敵視教育を国民に施し、嘘を教えて判断力を奪っていた結果、仮に政権が日本との敵対はまずいと思っても、国民におもねなければならないのだ。それは中ロのような専制国家には常に起こりうることだ。また階級社会であり、社会が不安にになるとポピュリズムに向かわざるを得ない欧米にも言える。つまり、基本的に他国は常に敵なのだ。まして、日本の近くにある、中ロ、朝鮮半島などは数百年以上続いて培ってきた国民感情、意識が今都合によって簡単に変わるわけが無い。

それでも、日本はにじり寄ってくる中ロの魂胆を知りながら、別にそれをはねつけることで得もしないから、彼らとの関係は劇的に改善したなどと言っている。本気で政府がそう思うようだったら、日本が今のままでいられるわけが無い。

つまり、国防力とは本来の敵でも、少なくとも日本を軍事侵攻するよりはすり寄った方が得だと思わせることでとりあえずは日本の危機は減らせると言うことだ。

日本と争うよりは親しくした方が得だと思わせる外交力はそれも立派な国防力なのであり、その外交力を発揮する要素として、文化力、経済力、技術力、そして軍事力がある。これらが一つでも欠ければ国防力は大きくそがれる。北朝鮮は軍事独裁国家であり膨大な予算を軍事力につぎ込み、国民は飢えに苦しんでいる。それでもそれだけ軍事費を使わなければならないのは、北朝鮮が軍事力以外の全てを持たないので選択の余地が無いのだ。

日本ばかりではないが、日本という国が世界に貢献している様々な要素、また第一に他国から日本に向けられている好感情が日本の国防力になっている。むろん、これがあるから絶対大丈夫というのでは無い。それらを日本が持てるのも、それなりの軍事力があるからだ。

昔に比べれば、日本の国際的発言力も増してきたとは思うが、国連では相変わらず敵国条項の対象国であり、基本的な価値観が他の自由主義国家と違う面が非常に多い。

その中で日本が自国を守るのは最終的には日本のみであり、そのためには他国に日本を攻撃する気を起こさせないこと、日本に味方をした方が得だと思う国を増やすことであり、さらに日本と共に戦って自国を守って貰えると考える国を増やすことだ。

その点、今の日本は以前に比べてはましだとは思うが、未だに日本国内で通用する好意は好意を以て受け入れられるとの常識を国際社会に当てはめている面がある。それが実に心許ない。好意を向けてくるのは弱いからだ、だから脅せばもっと搾り取れると考える国も決して少なくはない。韓国ほどではないにしろ、欧米もアジアも基本はそうだと考える必要がある。これも国防力の構築のためには重要だろう。



お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。




最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




正義の基準

正義の基準など存在しないと今までも何度も書いてきた。物理法則なら絶対的な基準はあるが、価値観において絶対的に基準と出来る事実など存在しない。敢えて言えば生命の確保などが言えるかも知れないが、それは正当防衛や緊急避難で自分の命を守るためには人を殺しても場合によって罪に問われないなどがそれを示している。が、これも絶対では無く、神の命令に従えば、自爆テロでも行う者にとってはそれが正義なのだ。

そもそも自然界に正義などという概念が存在するわけが無く、あくまで人間が精神世界、文化を形成した過程でその基準として正義を作り上げただけであり、昔はそれを自然の摂理や神の意志という形で示したのであって現代では法律という形で示している。尤も法律でこれは正義に反するかどうか等の基準を示しているわけではない。つまり正義とは法律とは関係なくその文化の中で人が許容できるか否かの基準点なのだろう。

正義については昔から多くの哲学者が論じているが、結局結論など無い。あくまで多くの人が同意する社会の安定を図るための基準でしかない。

したがって、価値観を共有する集団、すなわち同じ文化、価値観の元にまとまっている集団毎に正義の在り方は違うのが当然であり、世界のありとあらゆる文化価値観で成り立つ共通の正義などあり得ない。敢えて言えば、社会が安定し、人々が健康に長生きし、争いが少ない社会の正義が最も人間の要求に沿った正義なのだろうと思う。

このことは何度も書いているが、やはりそれを考えなければ説明のつかないことが多すぎる。

韓国軍、公開した5枚の写真を基に米軍と対策を議論


韓国が、日本の哨戒機による威嚇飛行を示す資料を米国に見せて、「ご主人様ぁ~、イルボンが酷いことをするんですゥ、キャイーン」と言ったそうだが、米国が結論を出すとは思えない。判断してどちらが正しいかなど当然分かるだろうが、それを表明することは今は無いだろうと思う。なぜなら、米国の判断はどちらの味方をすれば米国にとって得かということであって、どちらが正しいかではないから。つまり、米国の正義は米国人のより安全な状態をどう保つかに関わるのであり、日韓どちらの正義とも関係は無い。まして、事実がどうかなども、米国の正義の基準には関わりが無い。まあ、どちらが正しいかなどはわかり切ってもどちらの肩を持つべきかはまた別問題というのが米国だろう。

現実に今中国に経済戦争を仕掛け、北と問題を抱えている時、韓国という防波堤を失う事をまだためらうなら、日本に我慢しろといいかねない。どうも、岩屋防衛相や河野外相の反応を見ていると悪い予感がする。韓国の反応を見てもその足下を見透かしているのかとの思いが拭えない。

前よりは日本も強硬だが、結局尻切れトンボになりかねない可能性もある。ただし、これと直接は結びつけなくとも、経済制裁などはやるだろうし、万が一このままでは日本の悪化した国民感情が自民政府に向きかねない。また、現実に韓国経済が悪化の一途をたどり、利益確保が難しくなればビジネスで利益が得られない以上日本の資本が引き上げられるなり、資産が引き上げられたり等は政府の思惑と無関係に進むだろうから、政府がそれをあおる可能性すらある。

当然ながら普通に考えてみた場合、韓国にしてみても今北朝鮮と一緒になって日本と敵対し、日本に口実を与えて経済制裁を受けたりすれば一瞬で韓国経済自体消滅する。現時点で産業資材を禁輸され日本経由でしか買えない原油が禁輸されれば、日本以外のどこかから買えば良いと言うことでは無い。韓国など誰も相手にしなくなる。

むろん、韓国の一般国民は嘘を教えられているから、日本と断交しても北と一緒になれば国力は日本を超える、日本が売らなくても産業資材はドイツや米国から買える、韓国人が大量に日本に行って金を落としているのだし、韓国の方が日本から沢山買っているのだから断行すれば日本が大打撃を受ける、韓国との断交など出来ないと思い込んでいるのかも知れない。が、少し物の分かる人間や政府関係者などは、実際に日本と断交した場合の韓国の運命は理解できるだろう。それなら、たとえ日本を憎もうが軽蔑しようが日本を怒らせないような態度を取るべきと考えるのが当然ではないか。中国がそのようにしているし、ロシアも似たようなものだ。中ロが急に親日になるわけが無いが、今日本と敵対するよりも近づいておいた方が良いと考えるからだし、日本にしてもその魂胆は理解した上で、その機会を利用している。

が韓国にはそれが出来ない.今まではそれでも日本政府が遺憾の意を表してうやむやにしてきたが、もう国民感情がそれを許さなくなっている以上、政府はそれなりに韓国に対し強硬な姿勢を取らざるを得ないだろう。また、現実に米国が世界の警察官の役目を降りる以上、日本が中国と対峙する事態が現実に増えてきている。そして、韓国が完全に中国側になるなら、韓国が防波堤などとは言っていられない。今回、今までとは打って変わって日本が強硬なのは(本当に強硬であってほしいが)日本も韓国を切り捨てる意志を見せているのかと思いたい。

ここで正義をまた持ち出して考えるなら、どの国も自国の安全を確保するのが国家としての正義であり、今の中ロも米国も日本もその基準で行動しているが、韓国はそれでは全く理解不能な行動をしている。彼らにとって、最優先すべきは反日、侮日、克日なのであって、それが本当に実現できるかどうかさえももう問題ではない。自爆テロリストが自らの生命の保全さえ彼らの正義のために捨てるのと何やら似ている。つまりもう国家自体がテロリストなのだ。なにしろ、国民の運命など彼らの正義のためには喜んで犠牲にするらしいのだから。


お知らせ

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


力を持つ必要性


今日で今年平成三十年も終わり。このブログを開設したのが九年ほど前。明日から十年目という節目を迎える。まあ、滞っていた時期もあり、丸々九年では無いが、それなりに色々自分で考えていた事を書き込みがあり、それに対し様々なコメントを頂き、一応目的は果たしているかと思うが、近年は他のやり方も試してみた。とりあえず、ツィッターやフェイスブックなども試してみた。が、これらはその場限りの雑談であり、意見をじっくりと交わすという場では無い。結果として、一番力を入れるべきはブログだと、私なりに結論を出した。今後も是非訪れていただきたいしコメントも頂きたい。基本、エロ宣伝やケチをつけるだけのコメントは拒否するが、批判反論異論、大いに歓迎する。なにしろ、反論批判の無い記事は、要するにどうでも良いものでしかないからだ。

かつては一方的にマスコミの記事や映像を見聞きするしかなかったが、ネットの発達により状況が大きく変わったのは喜ばしい。マスコミは売れる記事を書くのが金儲けの理由だし、そのためには意図的に誤解をさせる記事もあるのだと学んだ。また、意図的なプロパガンダでは無いかと思えるマスコミもあるのは否めないだろう。

むろん、ネットの記事も九十パーセントが嘘や思い込みだろうが、なにしろ記事量が膨大なので、自分なりに知識を得た上で整理すれば何が正しいかは見えてくる。あくまで、記事を理解し整理するのは自分の能力、責任次第なのだ。かつて大災害の折など、無数の嘘が飛び交った。むろん、意図的にデマを流した者達もいるが、多くは自分では確認せずに情報の一つとして拡散した人も多い。が、デマはこのように広まるのだし,プロパガンダをする者達はそれを利用するのだ。

むろん、わたし自身の書くことが客観的にすべて正しいなどとはあり得ない。あくまで、私の立場で、そして私なりに客観的に考えて正しいと思うことを書いている。なにより立場や価値観によって何が正しいかは人によって違うことを常に忘れてはならない。

しかし、基本原理は万人にとって一つ、つまり太陽の周りを地球が回っているなどは、主義主張にかかわらず真理の筈なのだが、実はそうではないのだとも学んだ。地球が太陽の周りを公転している事実を自分で確認した人はほとんど居ない。つまり学校でそう習ったからそれを真実としているのだ。それこそ、わたし達が真理だと思っているほとんどすべては、実は自分で確認したわけではない。地球が丸いことも、自分自身で確かめた人が居るならそれは希有な人だ。飛行機で大陸間を渡ればあるいは実感できるが、日常では地球が丸かろうと平らだろうとどうでも良いことなのだ。

日本は悪の根源、日本は滅ぼすべき存在、日本は自分たちの下で這いつくばらせるべき、自分たちは日本に何をしてもかまわないと教育され、それを真実と思い込んでいる人間達に真実を伝えても意味が無い。それだけなら無視していれば良いが、それが日本にとって危険なら、力で排除するしか方法が無い。なぜなら、力は誰にとっても理解でき、自分の存在に関わる真実だからだ。力を理解しない人間はいない。犬猫でも理解できる真実と言って良い。

しかし、言うまでも無いが力を行使するとは、恐怖の対象になるし、相互の理解親睦など不可能になる。力を背景にした友情や夫婦親子の愛情など存在しない。力の誇示や行使などしなくて済むならそれに越したことはない。そうしなくとも済むためには、普段からそのような思い込みをしている国に、下手なことをすれば無事では済まない事を示し続けるしかないだろう。

ただし、力を行使する場合も、日本が客観的に正しいかどうかは別の問題だ。国家間の争いは、双方自分の立場が正しく相手が間違っているとの前提で始まる。特に隣国同士でそのようなことが多いのは、利害が直接関わるからだが、昔は結局力で勝る方が劣る方を下して自国に従わせると言う方法が主だったようだ。今でも世界の一部ではこれしか紛争の解決法が無いかのように見える。ただ、かつてはそれが世界中で普通だったから西欧がアジアアフリカ南米を侵略し、奴隷として使役し、すべてを奪った。その善し悪しなど問題ではなくそれが当たり前だったからだ。

今、そのようなことは無い。西欧がアジアアフリカ南米のすべてを受け入れ同意しているわけではないが、少なくとも双方が利益を得れば双方が奪い合うよりも結果として得である事が実感されたからだし、未だ問題はあるとしてもかってよりは格段に双方が利益を得ている。

が世界のすべてが同一レベルで進化発展したわけでは無い。精神的に置き去りにされている地域が進化した地域の近くにあれば必然的に昔の方式しかとれなくなる。日本が正しいか相手が正しいかという問題ではないのだ。

見かけ上友好国として振る舞う場合もある。それでも、結果が良ければ別にかまわないのだが、その見せかけの友好関係で最終的に相手が日本排除、支配のための力を蓄えるなら、それを見据えて対処しなくてはならないのも当たり前だろう。なにしろ、最終的には日本にとって最優先しなければならないのは国民の生命財産の安全だからだ。それを脅かす相手と、どちらが正しいかなどの協議など成り立たない。最初は説得するのも良いが、その説得の背景に力が要るし、最終的には力のみが危険を排除する。世界は同時に民主化したわけではない。世界がすべて先進国としての理解を持っているわけではない。さらに、世界経済ががたつき、あるいは途上国が相対的に力を得てきて西欧に対し意義を示すようになってきている今、西欧が物わかり良くしてばかりもいられない。すでにそれは西欧、北米にも現れているのではないか。

力の誇示、行使はそれ以外の方法が無い場合はそうせざるを得ないのだ。しなくて済むなら当然すべきではない。しかし、現実の世界は、それをするしないはともかくその能力の無い国など存続できない。それを日本人が理解してくれることを望む。

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

祝 安保法案成立

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ






先日参議院本会議において安保関連法案が成立した。まずは、日本がまともな国に近づいた第一歩と評価したい。が今回の法案成立に際して、あまりの野党の異常な行動および、一部の目に余る一般人の行動はよく考えてみる必要がある。

いちいちここに紹介しなくとも、民主共産をはじめ野党が国会で繰り広げた数々の無法は改めて日本の病巣を見る思いだが、何を置いても考えさせられるのは、安保法案に対し野党をはじめ反対者達、たとえば憲法学者や、各種の著名人とされる人々の行動だ。

まず、憲法学者は、安保法案、就中集団的自衛権は日本国憲法に違反するから、成立させるべきではないと言っている。私自身専門知識で彼らに対抗すべき知識もないが、疑いなく彼らが彼らの日頃の研究結果を主張すること自体は何ら問題がないと考えているし、もしかしたら集団自衛権は憲法違反なのかも知れない。

しかし、実際に憲法違反であるかどうかは、彼らが決めるのではない。日本は三権分立の国であり、政策が憲法違反か否かは司法が判断する。そして、その憲法が現状にそぐわなければ憲法を変えなければならず、これは国民が判断すべき事なのだ。

その点に於いて明らかに日本国憲法は自然権に反している。全ての法律は憲法も含め、生存権という自然権を冒してはならない筈であり、なにより他国の善意を信じて平和を維持するという日本国憲法自体が大きな過ちなのだ。

故に、軍事力を持たないと明言している憲法に、自衛隊は明らかに反しているが今国民の大半が自衛隊を合憲と考え支持している。野党でさえ、自衛隊員の命を守ることに反するから集団自衛権はだめだと言っている始末だ。

もし彼らが本心で護憲こそ絶対唯一の判断基準だというなら、自衛隊は違憲だから直ちに廃止し軍事力を全て放棄すべきと主張するのが筋ではないのか。しかし、現実に国民の大半が自衛隊を合憲と考え必要不可欠と考え防衛庁が防衛省に格上げされた時さしたる反対は国民から起きなかった。その状況を知っているからこそ、野党は国会を解散して国民の意思を確認すべきだと主張するのが本当だろう。しかし、実際は

解散、総選挙を主張できない野党とは・・・

廃案にしろとか安部総理に退陣しろなどとわめくばかりで自分たちが政権を執って政策を作るとは言い出さない。

野党や腐れド左翼の一つ覚えの言葉は、戦争法案、徴兵制、戦争を始める、子供を戦場に送らない、誰も殺させない、殺すくらいなら殺されろなどなどどれもこれも単なる感情論、印象操作であり、しかもこれで結構だまされるお花畑が多いのだ。また憲法違反などは、それなりの専門家の言葉だからと勢いづいているが専門家が合憲か否かを判断するのではないし、繰り返すがそれならなぜ自衛隊自体を違法だと主張しないのか。かつて社会党の村山氏が総理大臣になったとき、それまで社会党は自衛隊が違憲だと言っていたのを180°ひっくり返して合憲だと言い出した。それが原因の一つとなって社会党は消滅したのだが、つまり彼らは反対のための反対を言っていただけでその整合性などどうでも良かったのだ。

同じ事は、たとえばかつて民主党の岡田氏は集団自衛権が合憲だと言っていたのを全く無かったかのように違憲だと繰り返す。それを指摘され逆切れしていたのは、やはり反対のためには自分が主張していたことさえ状況によって無かったことにするその姿勢にも見られる。つまり野党や腐れド左翼にとって、理論も整合性も全く関係がない。

だから、国会周辺で騒ぐ腐れド左翼を示して、これだけ国民が反対しているのに法案を強行採決するのは民主主義ではないと信じられないような馬鹿なことを言い、また腐れド左翼はそれをそのまま受け取るかのようだ。

議会制民主主義など全く関係がないかのようだし、実際民主党の辻本氏などは、安部総理が政権を乗っ取ってクーデターをしたとのたまった。

言うまでもないが、日本は言論思想自由の国であり、暴力に訴えさえしなければ何を考え主張してもかまわない。が、だからこそ、自分たちの代議員を国会に送りその数によって政策を決めてゆく。これが議会制民主主義なのであり、かつての民主党政権の時数々のばらまき法案を強行採決している。それに危惧した国民が自民を支持し、政権を執らせたのだ。自民が国民を暴力で押さえつけて政権を執ったのではないが、辻本氏の脳みそではそれを理解することが出来ない。自分に反対するものは全て違法であり暴力だというのだ。辻本氏だけではない。それに同調する国会周辺のお花畑や腐れド左翼をみていると、彼らに民主主義は永久に理解されないのだろうと思う。

ちょうどこのブログにも昨今アンチカルトと証する腐れド左翼が

「洗脳されてますよ
プロフィールを見ると一目瞭然。
完全にカルトウヨクの主張そのまんまだねw

2015-09-21 18:18 | アンチカルト」

との書き込みをしている。ちょうどよいサンプルなのでここで曝しておくがこの様な腐れド左翼には理を以て論ずるなど出来ない。まず、理論などと言う物はないし、理解することも出来ないし、理解しなければならないことも理解していない。だから、この様な典型的なアジテーションをすることで脳みそに直接注ぎ込まれるとそれを自分が考え出したかのようにばらまくようになる。むろん、このように私が書いてもアンチカルトの様な左翼には何を意味するか到底理解できない。問題は共産、民主、維新(これも堕ちるところまで堕ちたが)、生活の党とちんぴらと仲間達など、全てこのたぐいだ。非学論に負けずと言う言葉がある。学のない愚者を論争で理解させることは不可能だという意味だ。ゴキブリを説得することは不可能だと言うことだ。ゴキジェットを吹き付けるしかない。まあ、腐れド左翼ジェットは売られていないので無視するしかないが。

それほど確信を持って安部政権が議会制民主主義を冒しているというなら、提訴すればよい。遠慮することはない。裁判では国も被告になりうるし、かつては現職の総理大臣が刑事犯となって獄につながれているのだ。正確には現職ではなかったが嫌疑をかけられ退陣するしかなかった。だから、安部氏がクーデターを起こしたという法的根拠があるなら、味方の憲法学者に知恵を借り、やはり味方の多くの弁護士を擁して安部政権を提訴すればよいだろう。それよりなにより、自衛隊は憲法違反だと国を訴えればよいのではないか。

むろん、そんなことは彼らには不可能だ。なぜなら、安部政権が決して違法なクーデター政権などではないことを彼らは知っているからだ。自衛隊については、すでに国民の大半が必要なものだとの認識を持ち容認している以上、自衛隊を違憲だ等と正面切って裁判に訴えたり等すれば国民の大規模な反発を買い到底勝ち目がないことを知っているからでもある。そもそも、憲法自体が生存権という根本的な自然権に反している以上憲法違反を理由に下手な裁判などすれば憲法改正に弾みがつきかねない。

上記のことから、彼らは最も彼らにとって正当であり最も保証されている解散総選挙を訴えることをしなかった。到底それでは名目が立てられず、そして決して勝ち目がないことを知っているからだ。つまり、彼らは理論で戦うことが出来ず単に情緒、印象、レッテルで腐れド左翼を扇動しているに過ぎない。またそのお先棒を担いでいるのが著名人と称する一部の連中であり、単に注目を浴びたいだけでしゃしゃり出ているとしかおもえない。瀬戸内寂聴氏などそうだろう。今回の法案で軍靴の音が聞こえると訴えていたが、中国解放軍の軍靴の音は聞こえないらしい。中国のの軍靴の音は、すでに尖閣沖縄にまで迫っているのだ。

もし、共産、民主、維新、生活の党とちんぴらと仲間達などなどが、理論らしいことを言っていると資料を示すことが出来る方がいらっしゃるなら是非ともご紹介いただきたい。

彼らが印象操作でプロパガンダをしているというもう一つの理由が、先の戦争の悲惨さを記憶している人物が大勢でてきて子孫に二度と過ちを繰り返させたくないと訴えていることだ。ただし、彼らの多くは心底そう思っているのであり、悪意も作為も無いとは思うが、それを腐れド左翼は利用していると言うことになる。むろん、戦争は悲惨であり、多くの罪無き人々が苦しみ全てを失い死ななければならない。だからこそ戦争を二度とすべきではないとは、誰もが思うことだ。が、ここで腐れド左翼が言うのは、戦争という過ちを犯すのは日本であり、先の戦争でも日本が罪を犯したとここでごく当たり前のように言っていることだ。

戦争は避けなければならない。がその責任は戦争をした当事者国全てが負うべきものであろうし、さらに戦争を仕掛けられ従わなければ征服され奴隷にされる状況では戦うという選択肢以外にはないだろう。その戦争をしなかった国がどうなるかはそのよい例が隣にある。建国以来一度も自力で独立したことが無く常に中国の属国であり、今の大韓民国は日本がアメリカに負けたことで独りでに転がり込んできたものでしかない。決して自力で得た独立ではないが、むろん、韓国はそれを認めず永劫の昔から独立していた朝鮮を日本が力で冒したと国民を洗脳し、だから韓国は戦勝国だとしている。閑話休題。自力で戦ったことが無く棚ぼたで形だけ独立してもなお大国に事大しなければ生きて行けないほど歪みきった国になるしかなかったのが先の戦争に至る状況だった。当時、西欧、アメリカの人種差別意識は現代では想像も出来ないほどであり、アジアアフリカ中南米など有色人種国家は軒並み彼らの頸城につながれていた。日本もまた戦わなければ同じ運命しかなかったのであり、戦争がいかに悲惨であろうと、戦うしか選択肢がなかった。

だから、戦争の悲惨を二度と受けないために戦争をしない。だからこそ、戦争を仕掛けてくる相手にその気を起こさせないために方法を講じなければならず、単に9条をお守り袋に入れておけば末代まで安泰と言うことはあり得ない。
戦争は日本が起こさなくとも日本に戦争を仕掛ける国があると想定されている場合、それらの国を押さえるのは、力しかない。これについては後述するが、そのための安保法案であり、最も平和を堅持し、戦争を回避するための法案なのだが、馬鹿な腐れド左翼などは日本に攻めてくる国などあり得ないし(たとえば鳥越俊太郎氏など)、もし攻めてきたら黙って殺されればよいと言う。

彼らが異口同音に言う戦争は話し合いで解決すべきだという言葉の全く意味のないことは、彼ら自身が全く話し合いに応じようとしないであれだけのパフォーマンスを繰り広げたことでも明らかではないのか。自分たちは何をやっても合法理性的だが、政府や政府法案支持者の言動は全てファッショ、ネトウヨという、上記のアンチカルトなどと言う馬鹿と何処が違うのだろうか。

そのことを田母神俊雄氏は激しく糾弾している。

田母神俊雄氏がTwitterで民主党などの安保法案反対派を厳しく非難

全くその通りなのだ。戦争が話し合いで回避できるならそもそも世界史に戦争など刻まれるはずがない。中国は世界で力による覇権を行わなければ国が崩壊しかねない状況になっており、他国との協調、共存という思想を全く持たない。話し合いとは全て自分の言い分を相手に押しつけることなのであって、相手との妥協は負けることを意味するからそれが国家の崩壊につながると考えている。また、今の状況では、政府が他国に負けることは即国家の崩壊につながる状況に至っている。

これについては別記事で書くつもりだが、最初から話し合いをするつもりのない国とは、西欧や日本、米国などとは全く別次元の世界に存在しているのだと割り切るしかない。異次元の世界の国の行動が日本の存亡にかかわるなら、彼らの行動を押さえるには、彼らにも理解できる生存の可能性を否定する、つまり死の恐怖を示すしかないのだ。選択の余地はない。

野生動物と共生できるなら人間がそれらを駆除することはないが、人間の生活を脅かす存在になれば駆除するしかないし、その恐怖を見れば野生動物は人間と距離を置いて生きてゆくだろう。

別次元の国に対し力による抑止以外絶対にないことは、国ではないがイスラム原理主義テロリストのISなどでも言えることだ。

ただし、いくら話し合いが出来ないと言っても日本では野党や腐れド左翼を力で排除するようなことがあってはならない。万が一政府がそのようなことを始めたらそれは日本の崩壊につながる。譬え唾棄すべき野党や腐れド左翼であっても暴力に訴えない限り彼らの言動の自由は保証されなければならず、だからこそ我々は彼らの行動を暴力以外の方法で押さえ込まなくてはならないと言える。つまり選挙で押さえ込むしかないのだ。


引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください

お願い

最近このFC2ブログは接続できなくなることが頻繁に起きています。折から同社には様々な問題が発生しているようであり、もしこのブログが接続されないときは
日本のあり方を考えるをごらんいただきたいと思います。状況に因っては、もしかしたら本格的に引っ越しをするかも知れません。


これもまた日本の現状

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



留瀬「高雄爺さん、ブログ主に何かあったんですかね。何か、聞いてます?」
高雄爺「おや、おいでだね。とにかくお上がり。今日は暑いねぇ」
留「この前来たのはまだ寒い頃でしたよ。いや、それよりブログ主のことです」
高「うん、そうだったね。元気だよ」
留「ほんとですか?いろんな噂が有りますよ」
高「どんな噂だい」
留「入院でもしたんじゃないか、死んだんじゃないか、夜逃げしたんじゃないかとか」
高「おやおや、どれも違うよ」
留「刑務所に入ったのかも知れないって」
高「止しなさい。刑務所って、滅多なことを言うんじゃない。本当に元気だよ。実は昨日会ったんだ」
留「あ、そうでしたか。何か言ってました?」
高「あきれていたよ、馬鹿は本当に若い頃から馬鹿なんだろうってね」
留「誰のことです。まさか」
高「おまいさんじゃないよ。

若者ら「戦争イヤ」 19歳女性呼びかけ、札幌で「ふるえる」デモ

の事だ」
留「ああ、これですか。馬鹿ですねぇ。若いからと言うんじゃなくて、若いのに自分で学ぼうという気がない、だから、唯目立ちたいだけでやってるんじゃないですかねぇ」
高「お、そうだよ。若い内はだまされることも間違ったことを信じていることもあるだろうけれど、少なくとも自分の知識や観察力、理解力が不十分だと自覚してほしいね。あたしもね」
留「高雄爺さんも若い頃は馬鹿だったんですか」
高「もう少し言い方があるだろう。とにかく単純に考えすぎていたよ。日本は戦争で隣の国にひどいことをしたとか、日本が悪いから戦争になったとか、中国は歴史のある立派な国だとか、朝鮮は日本にいろいろな文化を伝えた国だとか・・」
留「そりゃひどい。従軍慰安婦とか南京虐殺なんかも信じてたんですか」
高「まさか、そんな戯言は、当時は全く聞いたことがないよ。連中が作り出した嘘話だから」
留「あ、なるほど、そういやぁ、そんなことを言い出したのは精々70年代だった。で、どうして今やばりばりのネトウヨになったんです?」
高「ネトウヨ、って本気かい。あたしは保守系だが、右翼ではないしネトウヨなんかじゃないよ」
留「ごめんなさい。保守でも少しでも保守的なことを言ってもすぐにド腐れ左翼や特亜なんか、右傾化したとかネトウヨだなどとレッテル張りをしますからね」
高「左翼だって、政府批判だって、親中、親韓、反自民だってかまわないよ。だが、ド腐れ左翼という所以は、連中の言っていることに全く整合性も事実の検証も無く、単なる感情論、イメージだけで主張するからだ。あたしの若い頃はまさにその感情論、イメージ操作にだまされていたんだと思う。誰だって戦争は嫌だ。その戦争をしたんだから日本が悪いことをしたという理屈にも何もなっていない連中の言葉を、本当か、と考えることもなく受け入れていたんだね。まさに若気の至りだったな」
留「でもあたしは若い頃、いや今も若いけれど、そんなことはありませんでしたよ」
高「そりゃ、あたしが薫陶したからだ。おまいさんの親父さんが今際の際に、せがれをよろしく頼むって言ったからね」
留「親父は生きてます!」
高「まあ、若い内は理解も足りない知識も足りないと言うのは仕方がない。だから、それを自覚してより多くの情報を得て、それを比較検討し、検証し、自分なりにどの情報が正しいのか判断できる力が必要なんだ。それでも完全な知識や判断力を持つことは誰にとっても不可能であることも同時に理解しておかなくては」
留「あ、それブログ主の持論ですね」
高「あたしが教えたんだよ」
留「はいはい。ところで」
高「さっきあたしが挙げた記事だろう。若いから馬鹿でも良いと言う訳じゃないのにねぇ」
留「彼女たち、馬鹿ですか。純粋な気持ちで戦争反対を叫んでいるって若者の素直さをほめている人も居ますよ」
高「連中の言っている言葉だが、”死にたくないから戦争反対”、”殺すのイヤだから戦争反対”、”日本が戦争するような国になったら最も影響を受けるのは私たち若い世代だから”挙げ句の果てが”戦争のことなんて1ミリも考えたくない”、”私たちの未来は私たちが決めたい”だとさ」
留「まあ、あたしも戦争は反対ですがね」
高「あたしだって大反対だよ。戦争をしたいという奴は、少なくともあたしの周りには居ないね。でも戦争のことは1ミリも考えたくないって、考えなければ戦争は存在しないのかな。病気のことは1ミリも考えなければ病気にならないのかね。死にたくないから病気は反対って、それで済むのかい。親父さんが聞いたら泣くよ」
留「いや、別にあたしがそう言ってるんじゃないんで」
高「若いから無知で良いというのではない。無知を自覚して、知恵を持つ努力をしなくてはならないと言うことだ。連中が想像している戦争とは、日本が勝手に始めるものらしい。他国が始める戦争や、他国が日本に仕掛ける戦争は全くこの馬鹿共の頭にはないんだ」
留「シーっ、声がでかいです」
高「とにかくね、殺すのが嫌だからって、殺される可能性は考えないのか、日本がいくら戦争をしないと決めても、戦争を日本に仕掛ける国があるかも知れないと考えないのか、理解不能だよ。こいつら、戦争は一国では出来ないことさえ知らないんじゃないのか」
留「ゲーム感覚ですからね。画面上の戦争ゲームは、自分がやりたいときに始まるし、やめたいときにやめられますから」
高「なるほど、連中にとって、戦争とは日本が勝手に始めるゲームなのか。もはや救いがたい馬鹿共だ」
留「おっしゃることはよく分かりますよ。でも若い連中だけが馬鹿というわけじゃないでしょ。憲法9条が日本を守ってきたとか、話し合いで戦争を避けるべきだなんて言っている野党の連中、あれは結構いい年ですよ」
高「あれは、度し難い。たとえば、最近も瀬戸内何タラというのが、絶対戦争反対、軍靴の音が聞こえるって言ってたね。あのばあさん、90にもなって、何にも学んでこなかったのか、男のたぶらかし方以外」
留「だめだめ、それは若い連中は知らないんですから」
高「日本が戦争を出来る国になるのが嫌だというのなら、戦争を仕掛けられても国民を守る能力を持つのが嫌だというわけだ。日本で言われている戦争を出来る国とは、戦争をめったやたらに始める国ではなく、戦争を仕掛けられてもきちんと対応できる国であり、それ以前に戦争を仕掛ける気を相手国に持たせない、抑止力を持つことだよ」
留「まあ、あたしらにはそれは常識ですよ。だから、日本の国防力をきちんとしよう、日本の生存権を否定している憲法は変えよう、と言う人たちが一番戦争を忌み嫌い、戦争をしなくて済む日本にしようと考えているんですよ」
高「偉い!良くそこまで成長したねぇ。ちょっと前まであたしにおしめを替えられながらオシッコをかけた同じ人物とは思えない」
留「いつの話ですかぁ。あ、女房からメールだ。なになに
あ、いつも行くスーパーで、子供が万引きしたのが捕まって、聞いたらお母さんにするように言われたんだって。ひどい親が居るもんですねぇ」
高「今回の19歳のフリーターだって、けばい格好をして単に目立ちたいだけかと思っていたけれど、考えてみれば誰かが後ろにいるのかも知れないね。若者を引きつけるには同世代を利用すればいい、そして彼女も結構なアルバイトになるし、あわよくばスカウトされるなんて言われてね」
高「まさか。いや、あり得るな。反原発アイドルの例もあるし」

憲法改正

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ







先頃、安部総理が憲法改正を初めて表明した。もともと、安部総理の最大の目標は憲法改正とされており、ようやくそれが正式に今後の政策の一大目標として掲げられたわけだ。

安倍首相と憲法 9条改正を最優先せよ 「国の責務」全うする証しに

それに対し、様々な声があり、とくに進歩派、知識人が合唱しているのは、平和憲法が日本を守ってきた、平和憲法は世界に類のない優れた物だ、改憲すれば日本は戦争をするようになる、もう戦争はすべきではない、子供達を戦場に送ることは出来ない、云々。どれもこれもとんでもない的はずれなのだが、おそらくこれを吹聴している大本の連中はこれが全くのでたらめである事を知りながら宣伝しているのだろうし、おおかたの自分では物を考えられない、そのくせ考えていると思いこんでいるお花畑は、本当に戦争放棄の憲法があるから日本は平和なのだと信じ込んでいるようだ。

だから、確信犯達はむろん、お花畑達もこの憲法の前提である前文がとんでもない夢想を書いていることに触れないし、気がつかない。こんな前文を信じているなら、救いようのない白痴、あるいは日本語を理解できないのだろうと思う。

とりあえず、その前文をここに挙げてみる。


-----------------------------------------------------
日本国憲法 前文

「 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
-----------------------------------------------------

この文章は日本語としても文法的におかしいが、それはさておいても、根本的な勘違いがある。たとえば

『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持』

だが、この場合諸国民とは他国の国民を意味するとしか思えない。つまり国ごとに国民という存在があり、それらの諸々の国民ということであって、日本国民のことではない。もし日本国民であれば我が国国民とか、日本国民とすべきである。とすれば、他国のすべての国の国民が公正と信義を生きる指針としていることを前提として、この憲法を定めたということになる。しかし、当然ながらそのようなことはあり得ない。すべての国の人々が日本人の信ずるような公正と信義を持っているわけではないから戦争が起きたのだ。

そして更に、


『いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。』

日本人がいくらこれを各国の責務と信じても、それを責務と感じない国が無数にあるし、またそれぞれの国の基準で何を責務とするかは、日本人がどうこうすることなど出来ない。それが出来るなら、世界は日本と敵対するなど無く、やはり戦争が起きるなど無かったはずなのだ。

かの戦争で日本は多くの国と敵対し多大の犠牲を払ったのではないのか。全くそんなことなど無かったかのような憲法内容であること自体が、すべて他国の思惑に自国の生存をゆだねた内容だと言うことだ。

他国の信義を前提とする憲法で、日本国民が守れるのか。あり得ない。

したがって、憲法改正の主目的たる9条、すなわち

-----------------------------------------------------
日本国憲法第9条

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」
-----------------------------------------------------

が解釈の変更で運用されてきたのだ。もっとも明らかなのは、自衛隊が軍隊ではない、日本は軍事力を持っていないなど、世界の誰も信用などしていない。誰がなんと言おうと、自衛隊は軍隊であり、日本は軍事力を持っている。またそうであって当たり前なのだ。

自衛隊が出来たのは、憲法を自衛のための戦いは戦争ではなく、攻撃を防ぐ能力は軍事力ではないとの驚天動地の理屈で解釈をねじ曲げたからだ。

今の憲法では、攻撃的軍事力を持ってはならず、攻撃を受けた場合それを排除するための能力を持っているのであり、相手国が明確に日本攻撃を画策していても指をくわえてみていなければならず、また攻撃を防いで敵が退去した場合、それを追って更に攻撃することが許されない。だから、敵は体制を立て直し、何度でも日本を攻撃してくる事が出来る。

どこの国でも、自国の軍を攻撃のため、侵略のためなどと言いはしない。年がら年中戦争をしているアメリカでもあれは国防省なのであり、軍事省などとは言わない。

なぜ戦争が起きるのか、なぜなら戦争をすることで利益を得る国があり、戦争は一国では出来ない以上、戦争をする相手国を勝手に決めるから戦争になると言っていい。昔から戦争は絶えないが、必ず一方が一方的に他国を攻撃している。その前に確かに外交交渉をすることもあるが、最初から相手の利益ではなく相手から奪って自国の利益を得ることが目的なのだから外交といっても戦争前提の外交は戦争のための口実を作るためにあるような物だ。

記録されている戦争のすべてがそうだと言っていい。双方に全くその気がなかったのに戦争になるような偶発戦争など、絶対にない。

ということはいくら日本が戦争をしないと決心しようが、そんな日本だから攻撃しても反撃されないとばかりに日本を戦争の相手と勝手に決めてしまう国がある場合、日本の憲法は平和憲法どころか、戦争憲法なのだ。戦争を誘発する憲法であることは、その内容を正しく解釈すれば当然だろう。

どの国の政府も国民を守るのが最優先の義務であり、国民の安全や利益が大きく損なわれるなら、他国を犠牲にするのもやむを得ないから戦争が起きるのだ。それが普通の国なのであり、特に邪悪な国というわけではない。正義とは、国民を守ることなのだから、国ごとに正義は違う。日本の正義を自国の正義より優先してくれる国などあり得ないのに、憲法前文はそれを前提としているのだ。

お花畑が、日本憲法は世界に誇るべきすばらしい憲法であり、日本がそれを守らなくてどうすると偉そうにのたまうが、それほど立派な憲法なら世界中の国が同じ憲法にすればよい。むろん、日本を標的にしたい国にしてみれば、日本がこの憲法を守ることはまさに思うつぼであり、だからこそ最近も日本憲法をノーベル平和賞に推薦する運動などが始まっている。言うまでもない、中国の飼い犬だが、日本国内にもそのような連中が大勢居る。

アベしによれば来年の参院選後に正式に法案として取り上げるとのことだが、来年の参院改選選挙で自民が単独で、あるいは自民に同調する野党とともに3分の2をしめれば、あとは国民投票に欠けることが出来る。しかし、日本には腐れ左翼が居るし、それに乗せられる自分では考えないお花畑が大勢居る。お花畑は自分では考えないので、風の吹く方向に一斉になびくのだから、風の方向を変えなければならないと言うことだ。その意味では中国韓国にもう少し協力してもらう必要があるのでないか。特亜のやり方を見れば、日本の民度もある時雪崩を打って憲法改正に傾く可能性がある。選挙権を18歳以上にする法案がもし可決していれば、ネット世代がもっと多く有権者の中に増えることになるが、いずれにせよ、私もこの場からその風向きを変えるために役立ちたいと思う。



引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください

東アジアの未来像

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




ここで言う東アジアとは、普通は日本、中国、南北朝鮮、台湾を指すが、事実上は日中の力関係で決まるのであり、他は殆ど結果には影響がない。それより、他の国々、とりわけアメリカ、ロシア、オーストラリアの動向が将来のこの地域の変化に大きく影響するだろう。

しかしながら、現時点では変動要因が大きすぎ、どのような形になるか、いつそうなるかは予測出来ない。しかし、現在の事態から可能性の高さや、それぞれの思惑などをふまえて考えてみたい。

まず、理想の未来像としては、日中が互いを友好的なパートナーとして認識し、文化的、価値観の違いを認め合いながら尊重し、共存共栄を図り、協力してアジア、ひいては世界の中で受け入れられる繁栄を築き上げる、というものだがそれこそ絵空事でしかない。絶対にそのような未来は訪れないので、それを目指すことは本来のあるべき未来の到来を妨げることになる。理想を持つのはよい。が、そればかりに目を向け、当然取らなければならない手段を怠ることで思惑とは全く違う結果になることは人生にも良くあることだ。

今小学生くらいの男の子に聞けば、サッカー選手になるという答えが一番多いそうだ。女の子に聞くと、アイドルになるというのが多い。中には、「お姫様になるの」という女の子もいる。是非夢を実現してもらいたいが、おそらく現実に気が付く頃には自分がそんな夢を持っていたことも忘れているだろう。そう言えば、私の子供の頃は野球選手になると言っている男の子が大半だったし、私もそうだったと思う。そこそこの会社に入って、定年までに課長になるとか、お父さんの跡を継いで八百屋になって少しは店を大きくしたい、ちょっと会社に入ってお茶くみをしながら彼氏を見つけて、結婚して30までに子供を一人作って、家でアフィリエイトやFX、株でお小遣いを稼ぎたいと語る小学生はまず居ない。

が、サッカー選手になるために寝食を忘れて練習に打ち込んでも、おそらく大半は草サッカーの選手になれるくらいで、下手をすれば学校で落ちこぼれニートになる。お姫様を目指してマナーを身につけ子供の頃から全身美容に明け暮れても、やはり落ちこぼれてニートになる。

理想を否定するつもりはさらさら無い。が、いくらサッカー選手になれても、常識的教養がない、傲慢で暴力的で鼻つまみ者になっては仕方がないだろう。サッカーの練習に打ち込みながら、人間としての努力を惜しんではならないと言うことだ。

国際関係に於いても然りだ。しかも、サッカー選手になる夢と違い、日中理想の協力関係は、日本の努力だけでは達成出来ず、中国の努力も同様に必要であり、そしてアメリカを始め他国の協力認識もいる。が、現状はまったく理想からはほど遠いのだ。したがって、中国が優れた世界秩序の中のメンバーになり、日本とwinwinの関係を築くという理想は、お姫様になるの、と目を輝かせている少女の夢が実現することがないのと同じだ。それは、お姫様とはそのような家系に生まれなければなれないとの現実があるためだが、中国にもそのような資質が根本から欠如しているからとの現実がある。

それについては何度も書いているが、中国とは、国際社会の中にとけ込みその良き構成員になるという概念が最初から無く、相手との対等関係という概念が無く、それを理解する能力が無い。そうであれば、努力をすることも不可能なのであって、王家に生まれていない女の子がどのように努力をしてもお姫様にはなれないのと同じ事だ。世界には、そんじょそこらの王家よりも豪勢な生活をしている大富豪が何人もいるが、誰もお姫様ではないし、王子様でもない。中国より貧しい民主国家、人権国家はいくつもあるが、中国は民主国家にも人権国家にもなれない。いくら努力をしてもというのは意味がない。努力をする能力がない。

これを理解すれば、日本がいくら努力をしても日中関係がwinwin関係になるなどあり得ないのだ。

では、理想は置いて、どのような未来像が描けるだろうか。

下記の記事を読むと

上海閥一掃が告げる北京の対外強硬路線「今や米国に十分対抗できる」

中国が目指している未来像が見える。何度も書いているのでざっと言うと、中国は最終的に世界のリーダーとして存在することを目指しており、そうなって初めて世界平和は実現出来るのだが、今までは米国がそれに異議を唱えているので、臥薪嘗胆をしなければならなかったということだ。

しかし、米国は中東問題、ウクライナ問題に手を取られ、国内では大統領の支持率が急落し、このあたりで戦争でもしなければ支持率回復が見込めないのでイスラム国に空爆を始めるような状況で、とてもアジアに手を割いてはいられない。一方、中国は経済不振も構わずに軍事力強化に努め、すでに米国全土を核ミサイルの標的にしている。

このような状況になれば、米国は絶対に中国との正面対決はしない。かつてソ連との直接対決をしなかったように、もしそんなことになれば両国ともが消滅する事態になりかねないからだ。米ソ冷戦時代は、ソ連もそれをよくわきまえていたから、例えばキューバ危機の折でも最後に踏みとどまった。

が、中国の場合は、もし核の撃ち合いになった場合、中国全土が核攻撃を受け人民の半分が死んでも、いずれ中国はまた蘇るが、アメリカでそのような事態になったら、アメリカが蘇ることは永遠にない。それを理解するアメリカは、中国と相打ちになる核の撃ち合いを絶対に避ける。言い換えれば、核による恫喝は中国からアメリカに対しては有効だが、その逆は成り立たない。それ以前に、最初の一発で数十万、数百万の国民が死ぬ事態をアメリカ議会は絶対に許さないから、結局アメリカと核の撃ち合いになることはない。

通常兵器での戦いでは、中国はアメリカには勝てないが、核による恫喝が中国により一方的に出来る状況では、通常兵器での全面戦争にもならない。

中国がアメリカに対抗出来ると自信を持つにはそれなりの裏付けがあるのだ。

むろん、文化発信力、発言力、技術力、外交力、経済力などなど、国の力を測る物差しはいくつもあるが、中国に於いては国力とはすなわち軍事力に他ならない。軍事力さえ強大であれば、他の力は自動的に付いて来るというわけだ。アメリカ始め他国を従えるには何を置いても強大な軍事力が有れば良いと考える中国と渡り合うには、日本も同等の力を持つ以外無いと言うことになる。

それは可能なのだろうか。アメリカでさえ中国との正面対決を避けなければならないのに、日本にそれが可能なのだろうか。

現時点では不可能だと言わざるを得ない。最大の理由は核武装をしていないことだ。したがって、中国は日本と戦争をする場合、アメリカとは違い国土が全て灰燼に帰すとの危惧を持つ必要がない。むろん、日本の自衛隊の練度も士気も高く、兵器の質も中国に比べて非常に高い。日本の哨戒機能は世界有数であり、潜水艦の性能もおそらく世界ではトップクラスと言っていい。また、兵員数だが、中国が二百数十万であるのに対し、日本は其の十分の一であり、勝負にならないなどと言う素人ならまだしも、マスコミなども垂れ流すが、それは全く問題がない。中国の兵士が海を渡って日本に攻めてくるなどあり得ない。ただし、日本が消滅したあと、多数が来ることはあるだろうが、戦争のために来ることは物理的に不可能なのであり、それが問題になることはない。

また、日本の兵器の質が高く、同じ戦闘機でも日本の戦闘機は一機で中国機十機を相手に出来るなどと言う素人や自称専門家が居る。まず、いくら兵器の質が高くても実戦で使われたことのない兵器が、いざ戦場でどれだけ役に立つかは全く未知であり、散々指摘されていることだが、日本の兵器は精密機械であって、泥水に浸したり強い衝撃を与えても砂漠でも吹雪の中でも、灼熱でも酷寒でも同じに使える保証はない。世界の歩兵銃で最も使われているのは、ソ連のAKやアメリカのM1だそうだが、両方ともかなり古い歴史を持ち、長い間の実戦で使われその性能が証明されている。

中国の兵器は日本に比べ質が低いとしても、それは中国も良く知っているので、かならず飽和攻撃を採ると考えるべきなのだ。飽和攻撃とは、防御出来る攻撃を何倍も超えて加えられる攻撃のことだ。よく、日本ではミサイル防衛があるから中国のミサイルは無力化出来ると言うが、ミサイル防衛も実戦で使われたことが無く、事前に十分に準備されたテストで好成績を上げているに過ぎない。そして、飛んでくるミサイルを百発百中で迎撃出来るわけではなく、それも一時に迎撃出来るミサイルは数発程度と考えていい。それなら、ダミーを混ぜて一度に数十発、数百発のミサイルを撃ち込まれればミサイル防衛など何の役にもたたない。

最初の内は通常弾のミサイルかも知れないが、それでも方々の建物、原発、橋、等が破壊され、日本人が平静でいられるわけがない。このような攻撃は、むろん、目標施設の破壊もあるが、より大きい目的は相手国民にパニックを起こさせることだ。よく、一般人が犠牲になると国際的に非難の声が挙がるが、実際は一般人を犠牲にすることでパニックを起こさせ、相手国内に厭戦気分を生じさせるために故意に軍事施設とは無関係の施設や市民をねらった大量虐殺が頻繁に行われる。アメリカもそれを過去から現在に至るまで散々やってきた。中国は今も自国民に対し恐怖で支配するために行っている。

したがって、中国が日本に戦争を仕掛けるとすれば、日本の武器の優秀性を無効にするためにとにかく物量で沿岸からミサイルを撃ち込み、それで日本が屈しなければ核の恫喝をするだろう。どうせ日本からは報復が来ないし、アメリカも自国民が数十万、数百万名犠牲にしてまで日本のために中国に核を撃つなどしない。以前も書いたが、日本が中国に対して飽和攻撃をするとしたら、単純計算で25倍の中国の国土に対し中国の25倍の密度でミサイルを撃たなければならないが、中国のミサイルは狭い範囲に標的を絞って撃てばよいのに対し、日本は広大な中国にミサイル標的を絞ることが出来ない。

とうぜん、この飽和攻撃に対して日本は抗すべくもない。この物量による攻撃では、飛んでくるミサイルの質などたいした物は要らない。日本のミサイルの精度が十倍優れていても意味はない。

結局日本は、核武装をしない限り中国に対して戦争で互角以上に戦える可能性はないと見て良い。ちょっと横にずれるが、では日本が核武装をして中国と互角に渡り合えるのか、については、一番可能性が高いと言うだけにしておく。絶対と言うことはないが、力しか理解出来ない中国に対しては、最も中国を押さえつける方法は核武装だと断言する。

核で中国が日本を恫喝した場合、仮に日本が核による報復能力が有ればそれはアメリカに対しての恫喝とは大きく意味が異なる。中国のアメリカに対する核恫喝は、アメリカが手を出さなければアメリカの安全は確保出来る。が、日本がそれに屈した場合、日本は核による被害に劣らない悲惨な目に遭う。ちょうどチベットやウィグルよりも遙かにすさまじい国家ぐるみの略奪に会うだろう。国家としての存続はもとより、日本国民としての存続もおそらく許されない。奴隷の身になり生きながらえることが出来るならそれでよいと言うことになる。

これは以前も書いたことがあるが、日本が核を使用するくらいなら黙って滅びるべきだ、死んでゆくべきだとのたまった人々が居る。森永卓郎、中山千夏、永六輔、松崎菊也、辛淑玉(シンスゴ)、石坂啓などがそのように言っているし、また漫画家のやくみつるは、戦争になるくらいなら中国の属国になる方がよいと言っている(嘘だと思ったがどうも本当らしい)。

これらの者達の戯言は極論としても、中国の核恫喝に日本が屈するとはそう言うことなのだ。アメリカとは立場が違う。なんと言っても当事者なのであり、アメリカのような選択は出来ない。

次に、日本が地上に核ミサイル基地を建設しても、中国から先制核攻撃を受ければそこでつぶれてしまう。それで生き残ったミサイルで攻撃しても、中国は文字通り生き残りさえすれば勝利だと考えるのでは、十分な抑止力にならない。陸上基地の建設は日本では限界があるので必然的に潜水艦による海中発射ミサイルと言うことになる。

蛇足と知りながらなお付け加えるなら、中国はミサイルを日本海沿岸から発射すれば射程距離は短い、小型のミサイルで済む。しかし、日本が中国を攻撃するとすれば、内陸奥地に退避している中枢部まで届くミサイルでなければならない。結局大型で、射程距離の長いミサイルが多数必要になるということだ。むろん、中国の人口密集地域は沿岸部に集中しているので沿岸部を破壊するだけで効率はよいとも言えるが、中共が生き残れば人民を犠牲にしても勝利出来ると考えるのであれば、結局は日本が潰滅し、中国が生き残ることになって、相互確証破壊にはならない。やはり、中国全土をまんべんなく破壊出来る核戦力がいるのであり、中国と同等の規模では不十分だ。一方、中国がアメリカを核攻撃するときは、アメリカの大都市一、二ヶ所を潰滅させるだけでアメリカは戦争続行が出来ない。人命に対する意識が違うからであり、これも中国は現状の核武装の規模で十分に世界最大の核武装国アメリカと相互確証破壊が成立するのだ。

閑話休題。

アメリカなどでもこの潜水艦発射弾道ミサイルが、仮に核の先制攻撃を受けても相手国を潰滅させられると言う意味合いで相互確証破壊の手段として考えられている。それは日本も同じであり、周囲を海に囲まれている日本は潜水艦発射ミサイルが決めてとなるだろう。まず攻撃され破壊されるリスクが無く、日本係に潰滅してもそれから十分な報復能力が確保出来るからだ。

日本には潜水艦発射の弾道ミサイルはないが、技術的には可能だろう。ミサイル発射に特化した潜水艦は攻撃型潜水艦と違い、それほどの機動力はいらず、そして大型化出来る。日本の場合は遠方における任務がないので、原子力である必要はない。なんなら、海底に固定した発射基地でも良いかと思われるが、最終的には無人化も可能なのではないか。数百メートルの海底からミサイルを発射する技術は無論無いが、開発出来れば潜水艦を作る必要もない。ミサイルを入れた耐圧カプセルを海底の発射基地から切り離し浮上させ、海面直下でカプセルから発射するなど技術的には現存の物で十分に可能だ。なにしろ、数千メートル潜水出来る潜行艇を作らせたら日本はぴかいちだ。

潜水艦でも機動力がいらなければ大型化出来、仮に20-40基のミサイルを積んで、核ミサイルに20個の弾頭を載せれば、一鑑で400-800の弾頭を積めることになる。まあ、最初は100の弾頭だとしても、5鑑あれば、十分に相互確証破壊が可能になる。

潜水艦を増強する場合、戦闘員の確保、整備、補給と色々増強しなければならずその訓練も一朝一夕は出来ないから、単に潜水艦の数だけいきなり増やせる物ではないが、ミサイル発射鑑の5-10鑑程度で相互確証破壊が出来るなら、他の手段よりもよほど達成しやすいのではないか。

上記に就いては何度か書いているので簡単に繰り返しただけだが、少しでも生き残れば勝利だと考える中国相手に、生半可な核戦力では役に立たない。仮に日本が潰滅しても、そのあとで中国の寸土も残さず消滅させる能力と意思を示してこそ、もちろんそんな核など使わないで済むわけだ。


ところで、こんな記事が目に付いた。

小規模な軍備、衰退した経済・・誤った見方が誤解生む、日本の真の実力とは―中国メディア

中国は洗脳教育で日本憎悪を人民に刷り込み、自分で判断する能力を持たない人民は、感情的に日本を罵っている。むろん、そうではない人民もいるのだろうが、中国社会ではそれを表に出すことは不可能であって、その人民に対しスタンドプレーをする解放軍幹部達が跳ね返り行動をし、解放軍の下部組織である共産党がそれを追認するような形になっている。解放軍が共産党直属の軍隊であるなどはでたらめであることは当ブログで何度も繰り返しているので、説明はしない。

そんなこともあり、アジアが安定するには、日本が完全に中国に屈して属国になるか、中国が崩壊し消滅するしかない。最悪の事態としては中国が崩壊する直前、一か八かで対日戦争を仕掛け、それが最終的に核の撃ち合いになって双方が消滅し、世界に取り返しの付かない荒廃をもたらすかだが、日本がそれまでに核武装をしていなければそうはならない。日本の選択としては、

1)中国に完全に屈し、属国となって生きながらえる
2)核武装をして中国の核の恫喝を跳ね返す
3)中国と核の撃ち合いをして中国と共倒れになり消滅する

この中で日本が採るべき方法は2しかない。この方法で中国の軍事的圧力をかわすことが出きれば、あとは中国の自壊を待つことになる。

その場合の選択肢として

1)国際的な包囲網を作り中国を隔離する。いずれ中国は自壊するので、それまで待つ
2)積極的に中国に外交攻勢、経済封鎖、技術封鎖などを仕掛け、中国の崩壊を早める
3)逆に、中国に可能な限りの支援を与え、中国を延命させ可能であれば中国の崩壊をくい止める

この場合の選択肢は1が一番望ましいことは言うまでもない。が、日本では3を模索する勢力が少なからず存在する。しかし、中国に支援を与えても、それは将来の禍を拡大するだけのことであり、決して中国は日本敵視を辞めない。むろん、一時的に臥薪嘗胆を決め込み、日本から支援を引き出すためにすり寄り微笑外交に切り替える可能性はある。結局、上記の記事はそれを示していると考えるべきなのだ。むろんだから中国が日本と協力すべきだとの発想はない。中国が油断をすると、日本打倒が出来ないばかりか、不覚を採ると戒めているだけのことだ。

したがって、一時的に微笑外交を初めても、それが決して信用出来ず、彼等が一端決めた目標、すなわち日本を下し、アメリカを下し、世界を中国の基に従え争いを無くする、いわゆる中華秩序は彼等の中に永遠に存在し続ける。彼等は数千年に渡り幾度も王朝が滅び新しい勢力に入れ替わってきたが、その根本精神は中華秩序による和平であった。故に、3は不可能である。

2は、日本の消耗を大きくするだけであり、また日本が何をしなくとも自衛のために中国から距離を置くことで勝手に中国の崩壊は早まる。中国の崩壊はすでにくい止めることの出来ない段階に入っている。日本が積極的に手を出すことはない。

結局、1が残る。

中国が自壊したとき、どうなるだろうか。言うまでもないが、国家が消滅するにしても十数億の人民は消えないし、彼等が住んでいる国土も消えない。もっと重要なことは、中国の文化、言語、価値観は残る。と言うことは、いずれ彼等は又国家を作るだろう。確かにいくつかに分裂するかも知れず、チベットやウィグル、モンゴル自治区などは独立国になるかも知れない。が、残りはおおかた漢民族であり、言語、文化、価値観はそのままなのだ。結局、十数億の大半は本来住んでいる土地に残り、土地を耕し子供を育て中国人の価値観を教えてゆくだろう。

中共はなくなるかも知れないが、中国人が中国人である以上、再生される国は名前がどうなろうと中国なのだ。ただ、共産主義を繰り返すことはないだろうし、独裁もこりごりかも知れない。が、民主主義は彼等には不可能であり、結果として清朝末のような混沌とした貧しい、しかし未曾有の大規模な途上国が存在し続けることになる。

崩壊に際しての混乱が収まれば、それなりに彼等は国を作ろうとするだろう。そして、彼等の価値観が変わらない以上、いずれは群雄割拠の時代を繰り返し、同じような中国に形作られてゆくのではないか。

これが小さな国なら外部の影響および、国外に脱出していていずれ戻る国民達によって新しい国の形が出来るのかも知れないが、中国は圧倒的多数が、混乱のあとも其処に残り彼等の価値観に基づいて国を作る。

共産中国が古代の中国と何ら変わらないように、又同じような国が作られてゆくのだろう。貧しい間は他国の支援を受け入れるだろうが、いずれまた中国夢を抱き、中華秩序の実現を目指すような気がしてならない。生まれ変わった中国が全く別の価値観で国際社会の一員になる事は期待しない方がいいだろう。

しかし、それ以前に深刻な問題が起きる。暴発することなく中国が崩壊した場合、その暴力を内戦に費やす可能性がある。そうまでして権力を握らなければ身の安全が確保出来ないと信じている彼等が互いに争いあい、未曾有の内戦を繰り広げた場合、その影響は隣にある日本にとって大変な災害になるだろう。まして、武装した難民が膨大な数日本に押し寄せてきた場合の脅威は想像もしたくない。

中国が暴発しなかったとしても、結果として日本が被る被害は計り知れず、とうぜん日本はそのための対策を立てておく必要がある。

【禁言ブログ】中国は最も貧しい国になる?

これはヒラリー・クリントン氏が、ハーバード大の講演で発した言葉だとされているが、要するに無数の官僚が国富を着服しては国外に逃亡し、また富裕層は金をかき集めてやはり国外に逃亡している。それでは、中国の富はいずれ底を突き、残されるのは世界の最貧民のみになるということだ。想像で言っているのではない。現実にそれが起きつつあるのだ。

今でも中国は経済発展をし続けている、国力は増大しつつあると宣伝しているが、内情はとうていそれとはほど遠い末期状態にあることは明らかだ。

次のような記事も、あながち極論ではない。

習近平政権が日本に“SOS”を発した理由 三重苦が直撃、油断は禁物

しばらく以前から、中国の報道の中に、以前のような対日批判が減ってきたのは事実だが、そのぶん飼い犬の韓国に吠えさせ、米国で反日活動に力を入れるなどやっていることは相変わらずだ。が、それでも日本にすり寄ろうとしているのは事実で、習近平氏が日本との首脳会談に意欲を持っているなどと伝えられているが、腐敗撲滅に名を借りた権力闘争は両刃の剣であり、まかり間違えば習近平氏の文字通り声明に関わりかねないとされている。

いま、日本との正面対決は出来る状況ではなく、むしろ日本資本撤退をくい止め、協力を引き出すことで活路を見いだすつもりかも知れない。

いずれにせよ、中国には日本との共存という概念はない。利用するか、下すかしかない。そんな中国を信頼するわけには行かない。

結論だが、中国はすでに崩壊過程に入っており、引き返すことは不可能なので、その崩壊に際し国外に暴発する可能性を考えて置かなくてはならない。それに対する備えを今から十分にして置かなくては、日本は取り返しの付かない破滅に瀕することになる。

国外に暴発しなくとも、国内で未曾有の混乱が始まり内戦状態が拡大すれば、膨大な難民が日本に押し寄せてくる。それに対する備えもきちんとして置かなくてはならない。

そして、全てが収まったあと、中国はいくつかの地域が離れ、大半はまた次の中国に生まれ変わるだろう。民主主義を模索するかも知れないが、本質は変わり様が無く、その新しい中国も巨大な最貧途上国でありながら、中華秩序を国是とするだろう。今とは違うだろうが、やはりアジアの禍であり続けると言うことだ。

これが今のところ見通せるアジアの未来像だが、それも日本が生き残っての話だ。

なお、朝鮮についてはさしたる影響はないと冒頭に書いたが、要するに朝鮮のことなど誰も構っている余裕など無いと言うことだ。可能性としては北の侵攻により統一され、一時的に中国に吸収され、その後誰も引き取り手のない盲腸国家として存在するか、中国の一部に取り込まれたままか。それでもやはり膨大な難民が日本に押し寄せてくる。これはやはり対策を立てて置かなくてはならないだろう。

北の侵攻により統一されるかどうかは無論分からない。が、誰も構っている余裕はないのであって、それは彼等が自分で何とかすればよいだけのことだ。北によって統一されなくとも、結果として中国に飲み込まれしゃぶり尽くされるのは同じ事ではないのか。

最後に、特に解説は加えないが、下記のような記事があったので紹介しておく


「日中偶発軍事衝突」は起こるのか

(極めて長文であり、各界の人々の意見を12回に分けて掲載している。上記はその一回目)

引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

続きを読む »